節分の季語

子供の頃、節分の夜に鬼は外、福は内と言いながら、家族で豆をまいた思い出がある方も多いのではないでしょうか。 豆まきを終わった後、年...

晩冬の時候の季語

晩冬は、冬の三ヶ月を初冬、仲冬、晩冬と分けたときの最後の一ヶ月で、ほぼ一月にあたります。 二十四節気では小寒、大寒の期間(一月五、...

三冬の時候の季語

立冬から立春前日までの、冬の時候の季語のなかでも、三冬に分類される季語を集めました。 一年で最も日が短く寒さ厳しい冬。 木々は落...

大寒(だいかん)

晩冬1月20日~2月3日頃は二十四節気でいう大寒です。七十二候では款冬華(ふきのはなさく)、水沢腹堅(さわみずこおりつめる)、雞始乳(にわとりはじめてとやにつく)。記念日、忌日、各地のお祭りなどの情報も掲載しています。

小寒(しょうかん)

晩冬1月5日~1月19日頃は二十四節気でいう小寒で、寒の入りとなります。七十二候では芹乃栄(せりすなわちさかう)、水泉動(しみずあたたかをふくむ)、雉始雊(きじはじめてなく)。記念日などの情報も掲載しています。

雪の季語・天文、地理

雪に関する季語、天文と地理編です。雪にもたくさんの名前があります。純白の輝きの中に、いつかは融けて消え去ってしまう儚さを秘めている雪に、人々は様々な思いを託して歌に詠んできました。今回は雪そのものの名前、雪の空や風景の季語を集めました。

雪に関する季語・生活

雪の季語で一番多いのが、生活に関するものです。 雪への備えから始まり、雪かきなど除雪作業、移動手段、衣服や履物など、必要に応じて雪...

仲冬の時候の季語

仲冬は、冬の三ヶ月を初冬、仲冬、晩冬と分けたときの間の一ヶ月で、ほぼ十二月にあたります。 二十四節気では大雪、冬至の期間(十二月七...

初冬の時候の季語

初冬は、冬の三ヶ月を初冬、仲冬、晩冬と分けたときの始めの一ヶ月で、ほぼ十一月にあたります。 二十四節気では立冬、小雪の期間(十一月...

スポンサーリンク