冬の食べ物の季語・大豆、芋、漬物、玉子、加工品

冬の食べ物の季語、大豆製品、芋、漬物、玉子、加工品の数々を集めました。大豆はお味噌、納豆など和食には欠かせない大事な食材です。また冬に旬を迎える野菜は寒さで甘みがぎゅっと詰まっているので、おいしい漬物が生まれました。ぜひ俳句作りの参考になさってください。

冬至(とうじ)

仲冬12月22日~1月4日頃は二十四節気でいう冬至で、北半球では一年で一番昼が短く、夜が長い日となります。七十二候では乃東生(なつかれくさしょうず)、麋角解(さわしかつのおつる)、雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)。記念日などの情報も掲載しています。

冬の食べ物の季語・米、餅

昔から寒中についた米、餅は長持ちするといわれており、お正月の準備も重なり冬の大きな仕事でした。今回は冬の季語となっている米を使った料理、餅つきに関する季語など、冬の食べ物の季語・米、お餅編をお送りします。ぜひ俳句作りの参考になさってください。

冬の食べ物の季語・海の幸

冬の季語となっている海の幸の言葉を集めました。寒い冬の魚は脂が乗り、身も締まっておいしさが増します。塩蔵したり乾燥させて長期保存できるようにしたり、わたを珍味として味わったり、海苔を作ったり、人々は海の幸を十分に利用してきました。ぜひ俳句作りの参考になさってください。

冬の食べ物の季語・麺類、煮物、焼き物

冬の季語となっている麺類、煮物、焼き物の食べ物を集めました。茹でたての温かいうどんやそば、旬のものを使った煮物や焼き物など、季語になっている温かい食べ物を食べた際には、ぜひ一句詠んでみてくださいね。

冬の食べ物の季語・鍋、汁物

寒さも厳しくなるこの時期、体を温めてくれるあったかい食べ物が欲しくなりますね。家族や仲間たちと一緒に同じ鍋をつつけば、心も体もぽっかぽか。身体の芯からあたたまって、元気にこの冬も乗り切りましょう。冬の食べ物の季語、今日は鍋編をお送りします。ぜひ俳句作りの参考になさってください。

冬の星、月など天体に関する季語

普段は星のあまり見えない都会でも、冬にはオリオン座はじめ明るい星々がよく見える時期になります。冬の空に星や星座、輝く月を眺めながら、一句作ってみませんか。冬の星々や月をあらわす季語を集めてみました。ぜひ俳句作りの参考になさってください。

十二月(師走・極月)の時候の挨拶

十二月に使える時候の挨拶の文例集です。年末を控えお歳暮の時期ということもあり、いつもより書状を書く機会も多い十二月。その日の気候や気分にあった言葉を選んで、手紙に彩りを添えてみてはいかがでしょう。

大雪(たいせつ)

仲冬12月7日~12月21日頃は二十四節気でいう大雪(たいせつ)で、全国的に雪が降り始める時期です。七十二候では閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)、熊蟄穴(くまあなにこもる)、鱖魚群(さけのうおむらがる)。記念日、忌日、各地のお祭りなどの情報もあります。

冬の鳥の季語・大型の陸の鳥、想像上の鳥

大自然に暮らす鳥たちにとって、厳冬期は試練の時期です。食物が少なくなり雪に閉ざされた中でも、鳥たちはたくましく生きています。今回は冬の季語となっている大型の陸鳥たち、そして架空の鳥の季語を集めてみました。ぜひ俳句作りの参考になさってください。

スポンサーリンク