仲冬の時候の季語

二十四節気-仲冬
仲冬は、冬の三ヶ月を初冬、仲冬、晩冬と分けたときの間の一ヶ月で、ほぼ十二月にあたります。

二十四節気では大雪、冬至の期間(十二月七日頃から一月六日頃)になります。

今回は冬の時候の季語のなかでも、仲冬に分類される季語を集めました。

三冬の時候の季語
初冬の時候の季語
晩冬の時候の季語

スポンサーリンク

時候

仲冬(ちゅうとう)

仲冬
冬を初冬、仲冬、晩冬と三期に分けた中間の一か月。
陽暦のほぼ十二月にあたる。
陰暦十一月の異名。

冬最中(ふゆもなか)、冬半ば(ふゆなかば)
  • 仲冬の水豊かなる池日ざし 志田素琴

十二月(じゅうにがつ)

仲冬
クリスマスのイルミネーション
一年の最後の月、いよいよ十二月の声を聞くと、どこか慌ただしく気が急かされるものである。
本来、陰暦十二月をいう「師走」が陽暦十二月のことにも使われるのも、忙しい一年の最後の月だからであろう。

  • 炉ほとりの甕(かめ)に澄む日や十二月 飯田蛇笏
  • 人込みに白き月見し十二月 臼田亜浪
  • なき母を知る人来り十二月 長谷川かな女
  • はかり売る秤(はかり)しきりに十二月 鷹羽狩行
  • 棚吊ればすぐ物が載り十二月 岡本差知子

霜月(しもつき)

仲冬
霜枯れの草
陰暦十一月の和名。陽暦のほぼ十二月頃にあたる。
冬の寒さも本格的になり、自然界は霜枯れる時期である。

霜降月(しもふりづき)、雪待月(ゆきまちづき)、雪見月(ゆきみづき)、神楽月(かぐらづき)、神帰月(しんきづき)、子の月(ねのつき)
  • 霜月の晦日よ京のうす氷 言水
  • 霜月の川口船を見ぬ日かな 藤野古白
  • 後山へ霜降月の橋をふむ 飯田蛇笏
  • 雪待月林はもののこゑ透る 加藤楸邨
  • 霜月の苔のまみどり門跡寺 大橋敦子

大雪(たいせつ)

仲冬
雪の並木道
二十四節気の一つで、立冬、小雪の後、十二月七日頃。
雪も降り本格的な冬の寒さが襲来する。

冬至に向けて、日の暮れるのがますます早くなり、夜は長くなってゆく。

冬至(とうじ)

仲冬
柚子湯
二十四節気の一つで、立冬より四十五日後、十二月二十二日頃。
太陽の南中高度が最も低く、昼が最も短い日である。
この日を境に日が長くなってくるので、一陽来復という。
カピバラの柚子湯
この日に柚子湯に入ったり、南瓜やお粥を食べる習慣がある。

一陽来復(いちようらいふく)、冬至南瓜(とうじかぼちゃ)、冬至餅(とうじもち)
  • 行く水のゆくにまかせて冬至かな 鳳朗
  • 吊りて干す魚の尾ほそき冬至かな 長谷川春草
  • かんばしき薬のみたる冬至かな 増田龍雨
  • 机上なる冬至うす日に手を伸ぶる 皆吉爽雨
  • あやまたず沈む冬至の日を見たり 後藤夜半
  • 暖かに冬至の宵を小買物 星野立子

朔旦冬至(さくたんとうじ)

仲冬
十九年に一度ある陰暦十一月一日が冬至にあたること。
めでたいこととされ、古くは天皇が盛大な行事を催した。

近年では1995年、2014年に朔旦冬至となった。2014年の十九年後は2033年であるが、この年はずれがあり冬至と朔日が一致しないため、その次は2052年となる。

  • 雨ながら朔旦冬至ただならね 召波

師走(しわす)

仲冬
東京駅前の雑踏
陰暦十二月の異称だが、陽暦の十二月にも用いる。

僧侶が走り回るほど忙しくなるからという説、「為果(しは)つ月」(一年の終わりの月)からという説などがある。
(なお「師走坊主」という言葉があるが、歳末は忙しく施しが減るために落ちぶれた様子をいう。)

極月(ごくげつ)、臘月(ろうげつ)、春待月(はるまちづき)、梅初月(うめはつづき)、三冬月(みふゆづき)、親子月(おやこづき)、弟月(おととづき)、乙子月(おとごづき)
  • 世に住まば聞けと師走の碪(きぬた)かな 西鶴
  • 何に此の師走の市に行く烏 芭蕉
  • 酔李白師走の市に見たりけり 几董
  • 夜は月に橋あらはるる師走かな 蓼太
  • 極月の径ひとうねり草に消ゆ 佐野青陽人
  • 風しずまりし極月の林かな 石原舟月
  • 羊歯(しだ)たれて極月の巌静かなる 今村霞外
  • 波しろき海の極月来りけり 久保田万太郎

節気(せっき)

仲冬
そろばん
本来は各季節の終わりのことであるが、お盆と年の暮れの勘定期のことになり、季語としては年の暮れの勘定期のことをいうようになった。

江戸時代には掛売り(ツケ)で買い物をし、お盆と暮れに代金をまとめて支払った。
節気勘定の人々が慌ただしく行き交うのも年末の風景だった。

節気仕舞(せっきじまい)、大節気(おおせっき)
  • 牛乳の膜すくふ節気の金返らず 小野田兼子

年の暮(としのくれ)

仲冬
十二月になってから、また年末押し迫ってからも言う。

十二月も半ばを過ぎクリスマスも過ぎると、今年もいよいよ終わり正月も近いと感じさせられる。

歳暮(さいぼ)、歳晩(さいばん)、年末(ねんまつ)、歳末(さいまつ)、暮歳(ぼさい)、晩歳(ばんさい)、年の末(としのすえ)、年の際(としのきわ)、年の瀬(としのせ)、年の果(としのはて)、年の終(としのおわり)、年の坂(としのさか)、年の峠(としのとうげ)、年の梢(としのこずえ)、年の尾(としのお)、年の湊(としのみなと)、年の関(としのせき)、年の名残(としのなごり)、年の残り(としののこり)、年の別れ(としのわかれ)、年の奥(としのおく)、年の岸(としのきし)、年の冬(としのふゆ)、年の急ぎ(としのいそぎ)、年暮るる(としくるる)、年尽くる(としつくる)、年果つる(としはつる)、年つまる(としつまる)、年深し(としふかし)、暮(くれ)
  • 玻璃窓を鳥ゆがみゆく年の暮 西東三鬼
  • 紙屑をもやしてゐても年の暮 細見綾子
  • 年の瀬の日の移りゆく雑木山 鈴木六林男
  • 父逝きしこの年の瀬の青き空 田中鬼骨
  • 小鳥屋は小鳥と居たり年の暮 林翔

数へ日(かぞえび)

仲冬
今年もあと幾日と、指で数えられるほどの日を残すのみになった、という実感のこもった季語。

  • 数へ日の雁の堅田に鴨の数 森澄雄
  • 数へ日の松風をきく齢かな 勝又一透
  • 数へ日となりつつ夜々を月そだつ 太田嗟
  • 数へ日の谷に遊べり鷺とゐて 外川飼虎

年の内(としのうち)

仲冬
その年の終わりが近づき、残すところあと幾日かという頃。
「年の暮」ほど押し詰まった感じはなく、いくらか余裕がある。

年内(ねんない)
  • 漸に寐処できぬ年の中 土芳
  • 海苔買ふや年内二十日あますのみ 田中午次郎
  • 郵便夫の雨除けてゐる年の内 広田充
  • 年の内無用の用のなくなりぬ 星野麥丘人

行く年(ゆくとし)

仲冬
東京タワーとイルミネーション
年の暮よりも、この一年の歳月の終わりを惜しみ、過ぎた日々を振り返るような気持ちがこもった語。
昔は年の終わりは、冬の終わりでもあった。

年行く(としゆく)、年送る(としおくる)、年流る(としながる)、年浪流る(としなみながる)、流るる年(ながるるとし)、年歩む(としあゆむ)、去ぬる年(いぬるとし)、年逝く(としゆく)
  • 行年や同じ事して水車 希因
  • 薮先や暮行く年の烏瓜 一茶
  • 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子
  • 年歩む雪おほかたは車馬に消え 中村汀女
  • たちいでて年浪流る夜の天 飯田蛇笏

小晦日(こつごもり)

仲冬
大晦日に対して、その前日をいう。

晦日は陰暦で「三十日(みそか)」のことなので、小晦日は十二月二十九日のことであったが、陽暦十二月三十日にも転用していうようになった。

  • 翌(あす)ありとおもふもはかな小晦日 蝶夢
  • 誰も来ず暮れてしまひぬ小晦日 村山古郷
  • 小晦日座り込みたる社月 牧野麦刄

大晦日(おおみそか)

仲冬
十二月の末日、一年の最後の日。
陰暦では十二月三十日(大三十日、おおみそか)だが、陽暦では十二月三十一日。

大晦日(おおつごもり)という言い方は、「月隠(つきごもり)」の略で、陰暦では月が最も隠れる日であった。

大晦日(おおつごもり)、大三十日(おおみそか)、大年(おおとし)、大歳(おおとし、おおどし)、除日(じょにち)
  • 大年の富士見てくらす隠居かな 言水
  • 大晦日定なき世の定かな 西鶴
  • 乳のみ子の声にくれけり大晦日 調古
  • 大年の両国通ふ灯かな 内藤鳴雪
  • 掃かれざる道も暮れけり大晦日 今村俊三
  • 大晦日地のいづこから夕雀 野竹雨城

年惜しむ(としおしむ)

仲冬
十二月も半ばを過ぎ、今年も残り少なくなった頃の感慨。
この年の出来事をいろいろと思い出し、さまざまな思いが去来する。

かつては正月が来ると皆一歳年をとったので、年齢を惜しむ思いも込められていた。
時の流れの速さ、光陰矢の如しを身にしみて感じる頃である。

惜年(せきねん)
  • 湖を見てきし心年惜しむ 高野素十
  • 年惜むにあらざるまたも年かさね 八幡城太郎
  • 離れ住みて一つの年を惜しみけり 上村占魚
  • ゆく年を惜しむ長巻山水図 森澄雄
  • 年惜しむ程のよきことなかりけり 松崎鉄之介
  • 大海の端踏んで年惜しみけり 石田勝彦

年越(としこし)

仲冬
年越し蕎麦
大晦日の夜から元日へと、旧年から新年に移ること。
年越しそばを食べたり、除夜の鐘を聞いたりする。

またかつて立春を新年と考えていた昔は、立春の前夜、節分の夜のことを年越といった。

年越す(としこす)、大年越(おおとしこし)、年移る(としうつる)
  • 年こしや余り惜しさに出てありく 北枝
  • 年越や几の上に母の銭 石田波郷
  • 寺ふかく大満月に年移る 中川宋淵
  • 年越や使はず捨てず火消壺 草間時彦
  • 一途にも年越えぬ母死を越えぬ 馬場移公子
  • 見なれたるものにも年の移るなり 有泉七種
  • 年を越す大きな錨卸しけり 小田黒潮

年の夜(としのよ)

仲冬
除夜の鐘
大晦日の夜のこと。
一年の最後の夜であり、新しい年への境目。
除夜の鐘とともに一年が終わり、新年を迎える。

除夜(じょや)、年夜(としや)、年の晩(としのばん)、年一夜(としひとよ)、除夕(じょせき)、除夜詣(じょやもうで)、年越詣(としこしもうで)
  • 年の夜やもの枯れやまぬ風の音 渡辺水巴
  • 年の夜の次の間ともし寝ねにけり 佐野青陽人
  • 夕焼消え除夜大空の汚れなし 池内友次郎
  • ひとひとりこころにありて除夜を過ぐ 桂信子
  • 埋火のごとき憶ひも年の夜 伊藤雪女
  • 一ケ寺に坂一つづつ除夜の雪 小鷹ふさ子

大呂(たいろ)

仲冬
陰暦十二月の異称。
大呂とは、中国の音楽で十二律の第二律で、基音の黄鐘(こうしょう)より一律高い音である。

この大呂が十二月に配されるところから、十二月の異称となった。

スポンサーリンク