晩冬の時候の季語

二十四節気-晩冬
晩冬は、冬の三ヶ月を初冬、仲冬、晩冬と分けたときの最後の一ヶ月で、ほぼ一月にあたります。

二十四節気では小寒、大寒の期間(一月五、六日頃から二月二、三日頃)になります。

今回は冬の時候の季語のなかでも、晩冬に分類される季語を集めました。

三冬の時候の季語
初冬の時候の季語
仲冬の時候の季語

スポンサーリンク

時候

晩冬(ばんとう)

晩冬
冬の空
冬を初冬、仲冬、晩冬と三期に分けた末の一か月。
陰暦では十二月のこと。陽暦では一月にあたる。

季冬(きとう)、下冬(かとう)、末冬(まっとう)

私大(わたくしだい)

晩冬
陰暦十二月が二十九日までの小の月の時、翌日の朔日を大晦日とし、一月二日を元旦としたこと。
津軽地方などで行われていた。

一月(いちがつ)

晩冬
一月のカレンダー
一年の最初の月。
正月というと祝賀感があるが、一月というと簡潔で厳冬の季節感がある。

  • 一月や枯れ木の肌の日のぬくみ 小島政二郎
  • 流人も見し一月の遠澄みの空 榎本冬一郎
  • 野歩きの果一月の星得たり 細見綾子
  • 一月や油紋の海に雨の粒 桂信子
  • 一月の正しき日数鴛鴦の水 神尾久美子

寒の入(かんのいり)

晩冬
雪の山
寒に入ること。小寒の一月五、六日。
小寒、大寒の期間が寒の内。
寒の入りの時には各地で行事がある。

寒入り(かんいり)
  • うす壁にづんづと寒が入りにけり 一茶
  • 踏み踏みて落葉微塵や寒の入 飛鳥田孋無公
  • 夕焼に野川が染みつ寒の入 水原秋櫻子
  • 同じ家に病母遠しや寒の入 目迫秩父
  • 濁り江に魚深く棲む寒の入り 松影千春

小寒(しょうかん)

晩冬
凍った水たまり
二十四節気の一つ。冬至の後十五日目で、一月五、六日頃にあたる。

寒さが厳しい時期で、このころ武道や芸事の寒中稽古が始まる。

  • 小寒や枯草に舞ふうすほこり 長谷川春草
  • 小寒や石段下りて小笹原 波多野爽波
  • 小寒のさゞなみ立てて木場の川 山田土偶
  • 小寒の楠匂はせて彫師なる 坪野文子

鵲初めて巣くう(かささぎはじめてすくう)

晩冬
冬のカササギ
七十二候の一つで、小寒の次候・第二候(一月十日から十四日ころ)。

寛文三年の「増山の井」より記載が見られる。

鵲巣をくう(かささぎすをくう)、鵲巣をくいそむる(かささぎすをくいそむる)
  • 鵲や松かさ一つ巣のはしら 車来

大寒(だいかん)

晩冬
雪の白川郷
二十四節気の一つ。小寒の後十五日間で、一月二十、二十一日ころ。
一年でも最も寒い時期。

  • 大寒の粥あつあつと母子かな 清原枴童
  • 大寒の富士へ向つて舟押し出す 西東三鬼
  • 大寒やしづかにけむる茶碗蒸 日野草城
  • 大寒の鳶水平に岬の日 田中冬子

鶏初めて交む(にわとりはじめてつるむ)

晩冬
二羽の鶏
七十二候の一つで、大寒の初候・第一候(一月二十日から二十四日ころ)。
鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす)とされる。

日本の略本暦(明治)では大寒の末候・第三候にあたり、鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)という。

鶏交み初む(とりつるみそむ)、鶏交みす(とりつるみす)
  • 臼の蔭に鶏交む日向かな 朝叟
  • 日に顫(ふる)ふしばしの影や鶏乳む 飯田蛇笏
  • 鶏交り太陽泥をしたゝらし 富沢赤黄男

寒の内(かんのうち)

晩冬
冬景色
小寒、大寒の候の総称。

寒の入り(小寒の一月五日ころ)から、寒明(かんあけ)となる立春の前日(節分二月三日ころ)までの、約三十日間。

寒に入って四日目を寒四郎、九日目を寒九という。

寒(かん)、寒中(かんちゅう)、寒四郎(かんしろう)、寒九(かんく)
  • から鮭も空也(くうや)の痩(やせ)も寒の内 芭蕉
  • 寒ぬくし浪打際の雨の脚 松根東洋城
  • 深山空寒日輪のゆるるさま 飯田蛇笏
  • 寒の日が染めて畳の目の細か 菅裸馬
  • ちいちいと山を鶸(ひは)とぶ寒九かな 岡井省二

寒土用(かんどよう)

晩冬
土用は年に四回あり、立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前十八日間のこと。
単に「土用」といえば夏の土用のことをさすが、立春の前の十八日間を「寒土用」という。

  • 寒晒土用の中をさかりかな 許六
  • 白絹を裁つ妻と居て寒土用 北野民夫
  • 腰おろす石ぬくかりし寒土用 前口美千子

厳寒(げんかん)

晩冬
雪の並木道
冬のもっとも厳しい寒さ。
ことに大寒のころから二月にかけて、寒波の襲来による厳しい寒さが続く。

極寒(ごくかん)、酷寒(こっかん)、厳冬(げんとう)、寒きびし(かんきびし)
  • 寒を盈(み)つ月金剛のみどりかな 飯田蛇笏
  • 厳寒や夜の間に萎えし草の花 杉田久女
  • 酷寒かなし母よと呼ばぬまでにして 中村草田男
  • 酷寒の松へ赤ん坊負うて寄る 佐藤鬼房
  • 聖堂の灯や極寒の坂照らす 岸風三楼

しばれる

晩冬
雪の湖
北海道、東北地方の方言で、厳しく冷え込むこと。

しばれ、凍れ(しばれ)、しばるる、からしばれ
  • 旭川のしばれなつかし二重窓 西本一都
  • 凍れ木に手斧菱形一つづつ 北光星
  • 崖しばれ羅漢のごとき眼をふやす 源鬼彦
  • 空見えぬ海峡かしぐしばれかな 新谷ひろし

冬深し(ふゆふかし)

晩冬
川霧
真冬の厳冬期、ほぼ寒の内のころ。

冬深む(ふゆふかむ)、冬さぶ(ふゆさぶ)、真冬(まふゆ)
  • 冬深き井戸のけむりよ朝まだき 室生犀星
  • 四囲の音聴き澄ますとき冬深く 加藤楸邨
  • 冬深し海も夜毎のいさり火も 八木絵馬
  • 糊皿に一雷鳴や冬深し 外川飼虎
  • 冬深き志野の湯呑の肌ざはり 大場美夜子
  • 親星を子星はなれず冬深む 大附沢麦青
  • 鉄橋を渡るたび冬深むかな 山口いさを

日脚伸ぶ(ひあしのぶ)

晩冬
冬の日差し
冬至の頃が昼が最も短く、冬至を過ぎるとだんだん日が長くなっていく。
春を前に日一日と日が長くなっていくのを感じるのは、冬も終わりに近づいたころである。

  • 山へ帰る人に鴉に日脚のぶ 阿部みどり女
  • 日脚伸ぶどこかゆるみし心あり 稲畑汀子
  • 四十雀鳴きて日脚を伸ばしをり 福田甲子雄
  • 山彦は奥嶺の使ひ日脚伸ぶ 牧野麦刄
  • 日脚伸ぶ煎じ薬のいつか煮え 加藤覚範

春待つ(はるまつ)

晩冬
雪の上の雀
冬に、来るべき暖かな春を待ちわびる心。

春を待つ(はるをまつ)、待春(たいしゅん)
  • 待春や机にそろふ書の小口 浪化
  • 春待つや空美しき国に来て 佐藤紅緑
  • 真つ白き障子の中に春を待つ 松本たかし

春近し(はるちかし)

晩冬
雪割り福寿草
冬の終わりに、春の近い訪れを待つ心。

春隣(はるとなり)、春を隣(はるをとなり)、春隣る(はるとなる)、春まぢか(はるまぢか)、春を急ぐ(はるをいそぐ)、春の急ぎ(はるのいそぎ)、春遠し(はるとおし)、春遠からじ(はるとおからじ)、春やは遠き(はるやはとおき)、春風近し(はるかぜちかし)、明日の春(あすのはる)
  • 仲見世や櫛簪に春近し 長谷川かな女
  • 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎
  • 日あたりて春まぢかなり駅の土堤(どて) 山口誓子
  • 春近し石段下りて薺(なづな)あり 高野素十
  • 古書展へ水たまり跳ぶ春隣 広瀬一朗

冬尽く(ふゆつく)

晩冬
初冬、仲冬、晩冬の三冬が終わること。
長く暗い冬から解放され、ほっとする喜びがある。

冬終る(ふゆおわる)、冬果つ(ふゆはつ)、冬行く(ふゆゆく)、冬去る(ふゆさる)、冬の名残(ふゆのなごり)、冬の限り(ふゆのかぎり)、冬の別れ(ふゆのわかれ)、冬送る(ふゆおくる)、み冬尽く(みふゆつく)
  • 波除に石蕗(つは)咲く冬も了りけり 加藤かけい
  • 雨にうたす植木一鉢冬終る 村山古郷
  • バラの刺白く三角冬も終る 山口青邨

節分(せつぶん)

晩冬
福豆
季節の分かれ目のことだが、後に「節分」といったら冬から春への変わり目(立春の前日)をさすようになった。
二月三日ころにあたる。

節分に関する季語の一覧

節替り(せつがわり)、節分(せちぶ)
  • 節分をともし立てたて独住 召波
  • 節分や灰をならしてしづごころ 久保田万太郎
  • 竹運ぶ船節分の雨の中 永井東門居
  • 無患子(むくろじ)の実の残れるを節分会 細見綾子

年内立春(ねんないりっしゅん)

晩冬
旧暦で、新年になる前に立春が来ること。

立春は旧正月の元日の頃にあたるが、元日の前に来ることもあった。

冬の春(ふゆのはる)、年の春(としのはる)、年の内の春(としのうちのはる)、除日立春(じょじつりっしゅん)
  • 立つとしのうちぎ姿かはるがすみ 貞室
  • 年の内へ踏み込む春の日足かな 季吟
  • 年の内の春や夜市の鉢の梅 桃隣
  • 年のうちの春やたしかに水の音 千代女
  • としのうちに春は来にけり茎の味 大魯
スポンサーリンク