晩秋の時候の季語

二十四節気-晩秋
晩秋は、秋の三ヶ月を初秋、仲秋、晩秋と分けたときの終わりの一ヶ月で、ほぼ十月にあたります。

二十四節気では寒露、霜降の期間(十月八日頃から十一月六日頃)になります。

今回は秋の時候の季語のなかでも、晩秋に分類される季語を集めました。

初秋の時候の季語
仲秋の時候の季語
三秋の時候の季語

スポンサーリンク

時候

晩秋(ばんしゅう)

晩秋
ススキと夕日
秋を初秋、仲秋、晩秋と分けた三秋のなかの末で、秋の終わり。
陰暦では九月、陽暦では十月半ば過ぎにあたる。

秋も深まり、山々は紅葉の時期を迎え、行楽日和が続く。
朝晩は冷え込み始め、草木も徐々に枯れて、夕暮れ時などはとくに感傷を誘う頃である。

晩秋(おそあき)、季秋(きしゅう)、末秋(まっしゅう)、末の秋(すえのあき)
  • 晩秋の園燃ゆるものみな余燼 山口青邨
  • 晩秋や山いただきの電柱も 細見綾子
  • 晩秋の音する妻の小袖出し 山口素人閑
  • 晩秋の野の明るさを歩きけり 前田震生
  • 晩秋や何も映らぬ沼一つ 清川とみ子
  • 丘晩秋刈田見え遠く犬が鳴き 大野林火

十月(じゅうがつ)

晩秋
十月のカレンダー
上旬はまだ台風や、秋霖(しゅうりん)と呼ばれる秋の長雨があるが、中旬になると爽やかな秋晴れの日が多くなる。実りの秋、食欲の秋、スポーツの秋となり、全国で秋の行事がさかんに行われる。

下旬になると徐々に冷気が深まり、山々では紅葉が始まる。

  • 十月のしぐれて文も参らせず 夏目漱石
  • 十月の風雨明けゆく雨蛙 水原秋櫻子
  • 隠沼(こもりぬ)の十月鳰(にほ)を遊ばしむ 石塚友二
  • 湯にひたる顔の寒さも十月ぞ 太田鴻村
  • 神謀りゐる十月の水鏡 原裕

長月(ながつき)

晩秋
陰暦九月の異称で、陽暦では十月上旬からのひと月にあたる。

語源は、夜が長くなるころという「夜長月」からという説と、長雨の降る頃なので「ながめ月」からきたという説がある。

今来むと言ひしばかりに長月の有明の月を待ち出でつるかな

素性(そせい)法師 古今和歌集巻十四

菊月(きくづき)、菊咲月(きくざきづき)、菊の秋(きくのあき)、色どる月(いろどるつき)、紅葉月(もみじづき)、梢の秋(こずえのあき)、寝覚月(ねざめづき)、稲刈月(いねかりづき)、小田刈月(おだかりづき)、紅樹(こうじゅ)、玄月(げんげつ)
  • 長月の秋や小松も荒に就く 道彦
  • 長月の今日のひと日の紅を恋ふ 池内友次郎
  • 長月の残れる日数繭を煮て 神尾久美子
  • 菊月の庭に干しある出雲和紙 川口文絵

寒露(かんろ)

晩秋
凍った露
二十四節気の一つで、陽暦十月八日ころ。

「この日冷感次第につのり、露凝(むす)んで霜とならんとするゆゑ、寒露と名づく」(改正月令博物筌)

  • 茶の木咲きいしぶみ古ぶ寒露かな 飯田蛇笏
  • 鶏鳴の一時に暗き寒露かな 岩淵寒山
  • 竹林の空に鳶舞ふ寒露の日 有泉七種
  • 声を出すあたり透きゆく寒露かな 今村俊三

雀蛤となる(すずめはまぐりとなる)

晩秋
雀と海
中国の七十二候による季語で、寒露の第二候。

この頃に雀が海辺に群れ、雀の羽の色と蛤の貝殻の色が似ているため、蛤になるといわれた。
物事が変化することのたとえという。

雀大水に入り蛤となる(すずめうみにいりはまぐりとなる)、雀化して蛤となる(すずめけしてはまぐりとなる)
  • 蛤に雀の斑あり哀れかな 村上鬼城
  • 一雀のひそかに海に入らむとす 相生垣瓜人
  • 蛤や少し雀のこゑを出す 森澄雄

秋寒(あきさむ)

晩秋
秋寒(あきさむ)

秋寒し(あきさむし)、秋小寒(あきこさむ)

そぞろ寒(そぞろさむ)

晩秋
そぞろ寒(そぞろさむ)

すずろ寒(すずろさむ)、そぞろに寒し(そぞろにさむし)

漸寒(ややさむ)

晩秋
漸寒(ややさむ)

やや寒し、ようやく寒し、ようよう寒し

うそ寒(うそさむ)

晩秋
うそ寒(うそさむ)

薄寒(うすさむ)、うすら寒(うすらさむ)

肌寒(はださむ)

晩秋
肌寒(はださむ)

朝寒(あささむ)

晩秋
朝寒(あささむ)

朝寒し(あささむし)、朝寒み(あささむみ)

夜寒(よさむ)

晩秋
夜寒(よさむ)

夜寒さ(よさむさ)、夜を寒み(よをさむみ)

霜降(そうこう)

晩秋
霜降-霜
二十四節気の一つで、陽暦十月二十三日ころ。

「露結んで霜となるなり。ゆゑに霜降といふ。」(改正月令博物筌)
晴れた夜には放射冷却により気温が下がり、霜が降りるようになる。

霜降の節(そうこうのせつ)
  • 霜降の陶(すゑ)ものつくる翁かな 飯田蛇笏
  • 柚の照の霜降といふ山の凪 斎藤美規
  • 霜降の夕べ鯔とぶ出雲かな 脇村禎徳

豺獣を祭る(おおかみけものをまつる)

晩秋
中国の七十二候による季語で、霜降の第一候。
豺は山犬、狼の類のことで、獣を生贄にして祭ったという。

狼の祭(おおかみのまつり)、豺の祭(さいのまつり)

冷まじ(すさまじ)

晩秋
冷まじ(すさまじ)

秋寂ぶ(あきさぶ)

晩秋
秋も深まり、万物が衰え枯れ始め、荒涼としてくること。
古びた趣をわびしくながめる気持ち。

秋寂び(あきさび)
  • 秋寂びて鎖の熊が眠りをり 加藤知世子
  • 義仲寺を入れて界隈秋寂びぬ 松崎鉄之助
  • 秋さぶや脇侍欠いたる黒仏 上田五千石

(義仲寺…木曽義仲を供養するために創建された寺で、芭蕉が遺言により葬られた。)
(脇侍きょうじ…仏の左右に安置されている像。)

秋深し(あきふかし)

晩秋
落葉松林の紅葉
十月頃、秋もいよいよ深まり、静かな寂寥感が感じられるころ。

秋闌(あきたけなわ)、秋闌くる(あきたくる)、秋更くる(あきふくる)、秋深む(あきふかむ)、深秋(しんしゅう)
  • 秋深き隣は何をする人ぞ 芭蕉
  • 深秋といふことのあり人もまた 高浜虚子
  • 秋深しふき井に動く星の数 幸田露伴
  • わが触れて来し山の樹や秋深し 中村汀女
  • 秋深し石に還りし石仏 福田蓼汀

暮の秋(くれのあき)

晩秋
秋の終わる頃、秋の末。
「晩秋」とほぼ同義だが、より詠嘆する心理的な要素も含む。

秋暮るる(あきくるる)、暮秋(ぼしゅう)
  • 松風や軒をめぐつて秋暮れぬ 芭蕉
  • うす虹をかけて暮秋の港かな 飯田蛇笏
  • 礼すれば釈迦三尊に暮の秋 石塚友二
  • 寺山の水の濁れる暮秋かな 高室呉龍

行く秋(ゆくあき)

晩秋
犬と南瓜
秋が過ぎ去るころ、過ごしやすく情趣の深い秋の終わりを惜しむ心情。

秋の名残(あきのなごり)、秋の別(あきのわかれ)、秋の限(あきのかぎり)、秋の湊(あきのみなと)、秋の行方(あきのゆくえ)、残る秋(のこるあき)、帰る秋(かえるあき)、秋に後るる(あきにおくるる)、秋ぞ隔る(あきぞへだたる)、秋行く(あきゆく)、秋の果(あきのはて)、秋の終(あきのおわり)、秋過ぐ(あきすぐ)
  • 蛤のふたみに別れ行く秋ぞ 芭蕉
  • 秋の名残夕日の前に小雨ふる 暁台
  • 行秋や芒痩せたる影法師 寺田寅彦
  • 行秋やすゞめの群るゝ草の原 木津柳芽
  • 逝く秋の急流に入る水のこゑ 鷲谷七菜子
  • 行く秋や夕映えのこる貝釦 山崎秋穂

秋惜む(あきおしむ)

晩秋
去りゆく秋を惜しむ思いを述べた言葉。

  • 戸を叩く狸と秋を惜みけり 蕪村
  • 杖影のほそしと歩み秋惜しむ 皆吉爽雨
  • 秋惜しむゆふぐれの日よ樹肌照り 五十崎古郷
  • 一つの灯身近に置きて秋惜む 青木俊夫
  • 古刀展木洩れ日は秋惜しみをり 西川文子

冬隣(ふゆどなり)

晩秋
温かいお茶とキャンドル
いよいよ冬がすぐ隣にいるという実感。
厳しい寒さへの畏怖の念とともに、冬支度が急かされるころである。

冬隣る(ふゆとなる)、冬近し(ふゆちかし)、冬を待つ(ふゆをまつ)
  • 橙や冬を隣の藪屋敷 一具
  • はしり火に茶棚のくらし冬隣 飯田蛇笏
  • 鶏頭きれば卒然として冬近し 島村元
  • 石炭を掬ふ音冬遠からず 山口誓子
  • 押入の奥にさす日や冬隣 草間時彦

九月尽(くがつじん)

晩秋
陰暦九月末日のことで、この日をもって秋が終わる。

単にひと月の終わりという意味以上の言葉であったが、今日では陽暦九月末日を詠った場合も多く、秋の終わりという意識は薄れつつある。

九月尽く(くがつつく)
  • 雨降れば暮るる速さよ九月尽 杉田久女
  • 九月尽名所の萩の高括り 沼夜濤
  • かんがふる一机の光九月尽 森澄雄
  • 九月ゆく銀紙色の日をつれて 津沢マサ子
  • 九月尽くポプラに風の音満ちて 林桂
スポンサーリンク