秋の寒さを表す季語

ススキ
秋も半ばになると感じ始める寒さ。

季語にはたくさんの「寒さ」を表す言葉があります。秋寒に始まり、そぞろ寒、やや寒、うそ寒、肌寒…

それぞれどれくらいの寒さで、どのような意味合いを含んでいるのか?疑問に思ったので調べてみました。

スポンサーリンク

秋の寒さを表す季語

まず初秋の涼しさ、爽やかさを表す季語に「新涼(季節は初秋)」があります。(傍題…秋涼し、秋涼、初めて涼し、初涼、涼新た、新たに涼し、早くも涼し、早涼)

これらの後に続く、秋も半ばに入る頃から晩秋にかけての「寒さ」を表す季語を集めました。

冷やか

仲秋
肌に冷気を感じ始める寒さ

ひやひや、ひえびえ、冷たし、秋冷、冷ゆ

秋冷の瀬音いよいよ響きけり 日野草城

かりがね寒き

雁の群れ
仲秋
雁が渡ってくる頃の寒さのこと。
「かりがね」の呼び名は「雁が音」、その鳴き声からきています。

そして「かりがね寒き」の由来は、
今朝の朝明(あさけ) 雁が音寒く 聞きしなへ 野辺の浅茅(あさぢ)ぞ 色づきにける
という歌(聖武天皇、万葉集・巻八)だといわれています。

雁は十月頃に日本に来て冬を越し、春三月に北へ戻っていきます。

10月8日~12日ごろは、二十四節気でいうと寒露(かんろ)そして七十二候でいうと鴻雁来(こうがんきたる)です。
秋の到来を知らせる雁の鳴き声、そして寒さを感じ始める時期の情感を表す季語といえるでしょう。

身に入む(みにしむ)

三秋
身に染みるほど深く感じる寒さ
寂しさ、つらさが身に染みる感情をも含む場合がある。

和歌では秋の「もののあはれ」を表している。

夕されば野べの秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里
藤原俊成「千載集」巻四秋

身に沁む

身にしむや亡妻の櫛を閨に踏む 蕪村
身にしむやほろりとさめし庭の風 室生犀星

秋寒

ススキの原
晩秋
秋の寒さ。本格的な冬の寒さではないが、冷ややかよりも寒さを感じるころ。
冷やかよりやや後の季節感。

秋寒し、秋小寒

日のにほひいただく秋の寒さかな 惟然

そぞろ寒

晩秋
捉えどころのない、とりとめのないそぞろに身に覚える寒さ
なんとなく寒いという感覚

すずろ寒、そぞろに寒し

榛の木に三日月かかるそぞろ寒 宮下翠舟

漸寒(ややさむ)

晩秋
肌に感じる寒さが少しということだが、ようやく感じるようになった寒さ
冬の本格的な寒さではないが、少し寒くなった感覚。

「漸」は、ようやく、だんだん、物事が少しずつ進むことの意味。

やや寒し、ようやく寒し、ようよう寒し

漸寒き後に遠しつくば山 一茶

うそ寒

晩秋
秋になって初めて感じる寒さ、感覚的にうっすらと寒い感じを覚える寒さ

薄寒、うすら寒

うそ寒や人のかたみのもの羽織り 山口青邨
倶利伽羅の小うそ寒しや雲の脚 路通

肌寒

晩秋
晩秋に肌に寒々と感じるようになる寒さ

湯の名残今宵は肌の寒からむ 芭蕉

朝寒

霧の山
晩秋
晩秋の朝の気温が下がった寒さ

朝寒し、朝寒み

朝寒や柱に映る竃の火 佐藤紅緑

夜寒

晩秋
日中の暖かさとは裏腹に、夜分に気温が下がり覚える寒さ

夜寒さ、夜を寒み

夜寒さや舟の底する砂の音 北枝

冷まじ(すさまじ)

晩秋
もともとは「荒ぶ(すさぶ)」「すさむ」の意味。
そこから、過ぎてしまってしらけた気分、興ざめなことを表すようになる。

さらに荒涼、凄然たる情景を表すようになり、予期せぬ寒さや冷たさの意味で使われるようになった。

冷まじや吹出づる風も一ノ谷 才麿「椎の実」

露寒(つゆざむ)

晩秋
この季語の分類は、露という自然現象にともなう語句なので「天文」になります。(上記11季語は「時候」に関する季語に分類。)

晩秋の寒さがひとしお感じられる頃、露が霜になりそうな頃の寒さ

露寒し、露冴ゆる

露寒のこの淋しさのゆゑ知らず 富安風生

露寒き海峡の灯に吾子ねむる 三上春代

使い分けについて

落ち葉に霜
調べてみて、寒さの順番としてはいろんな説もあり、寒いと感じること自体が主観的な感覚であることから、厳密に使い分けるというより、語感や状況によってしっくりくる言葉を選ぶのがよいということのようです。

また古来どのような歌や句に詠まれているかを探ることによって、その言葉で表そうとした感覚がわかってくることでしょう。

スポンサーリンク