初秋の時候の季語

二十四節気-初秋
初秋は、秋の三ヶ月を初秋、仲秋、晩秋と分けたときの始めの一ヶ月で、ほぼ八月にあたります。

二十四節気では立秋、処暑の期間(八月七日頃から九月七日頃)になります。

今回は秋の時候の季語のなかでも、初秋に分類される季語を集めました。

スポンサーリンク

時候

初秋(はつあき)

初秋
草原のアキアカネ
秋の始まり。日中の気温はまだ暑い中にも、どこか秋の気配を感じるようになる。
空や雲、風も秋らしくなり、夜には虫の音が聞こえる。

初秋(しょしゅう)、新秋(しんしゅう)、首秋(しゅしゅう)、上秋(じょうしゅう)、孟秋(もうしゅう)、肇秋(ちょうしゅう)、蘭秋(らんしゅう)、早秋(そうしゅう)、桐秋(とうしゅう)、盆秋(ぼんしゅう)、秋初め(あきはじめ)、秋浅し(あきあさし)、秋口(あきぐち)
  • 初秋や障子さす夜とささぬ夜と 太祇
  • 初秋や余所の灯見ゆる宵の程 蕪村
  • 初秋や小雨ふりこむ膳の上 成美
  • 初秋や木かげの砂の水の紋 島村元
  • 初秋の風吹き下ろす机かな 増田龍雨

八月(はちがつ)

初秋
灯籠流し
陽暦八月はほぼ初秋にあたる。
八月七日か八日に立秋を迎え、暦の上では秋となるが、まだ猛暑きびしい日々が続く。

「終戦記念日」と「盆」(ともに初秋)があり、鎮魂の月でもある。

  • 八月の大風南より来る 佐藤紅緑
  • 八月の行方や稲に波走り 米澤吾亦紅
  • 杉山に八月の翳たちあがる 黛執
  • 黒板負ふごと八月の駅の夜空 友岡子郷
  • 八月や坂のをはりに人が佇つ 進藤一考

文月(ふみづき)

初秋

女郎花

女郎花

陰暦七月の異名で、ほぼ陽暦の八月にあたる。
旧暦での七夕や、盂蘭盆会などの行事が行われる月である。

文月(ふづき)、七夕月(たなばたづき)、文披月(ふみひろげづき)、女郎花月(おみなえしづき)、秋初月(あきはづき)、涼月(りょうげつ)、親月(しんげつ)、餞月(せんげつ)、蘭月(らんげつ)、相月(そうげつ)、七夜月(ななよづき)、めであい月(めであいづき)
  • ささ降りや文月の花落ち流し 長谷川かな女
  • 文月や屋根美しき観世音 野村喜舟
  • 文月や甕の浮藻もやゝに錆ぶ 皆川白陀
  • 文月や水をはなるる空の色 福原十王

立秋(りっしゅう)

初秋
ススキと青空
二十四節気の一つで大暑の後、八月七日か八日頃にあたる。

今朝の秋(けさのあき)、今日の秋(きょうのあき)、秋立つ(あきたつ)、秋来る(あきくる)、秋さる、秋に入る(あきにいる)
  • 秋たつやはじかみ漬もすみきつて 来山
  • 秋やけさ耳のうしろの桐の風 成美
  • 江のひかり柱に来たりけさのあき 蒼虬
  • 立秋の星うつくしや二歳駒 中川四明
  • 立秋の紺落ち付くや伊予絣 夏目漱石
  • 秋たつや川瀬にまじる風の音 飯田蛇笏

残暑(ざんしょ)

初秋
青い朝顔
立秋以後に残る暑さ。八月中はまだまだ残暑が厳しい。
一度涼しくなってから、また暑さが戻ることも多い。

残る暑さ(のこるあつさ)、秋暑(しゅうしょ)、秋暑し(あきあつし)、餞暑(せんしょ)
  • かまきりの虚空をにらむ残暑かな 北枝
  • 行雲のうつり替れる残暑かな 魚素
  • 水をのむ猫の小舌や秋あつし 徳田秋聲
  • 秋暑し叔父の墓標は見当らず 徳川夢聲
  • 山門出て人の世の道秋暑し 雨宮昌吉

秋めく(あきめく)

初秋
秋の空と雲
気候が秋らしくなること、秋の兆しが現れること。

秋づく、秋じむ
  • 書肆(しょし)の灯にそぞろ読む書も秋めけり 杉田久女
  • 箒木に秋めく霧の一夜かな 西島麦南
  • 秋めきて川音夜の山のぼる 石原舟月
  • 長崎の坂の秋めく石畳 森冬比古
  • 秋めくと思ふ貝煮る音の中 岡本眸

新涼(しんりょう)

初秋

桔梗の花

桔梗の花

初秋の頃に感じる涼気のこと

秋涼し(あきすずし)、秋涼(しゅうりょう)、初めて涼し(はじめてすずし)、初涼(しょりょう)、涼新た(りょうあらた)、新たに涼し(あらたにすずし)、早くも涼し(はやくもすずし)、早涼(そうりょう)
  • 秋涼し松にかゝりて天の川 蓼太
  • 秋涼し雨の過行く雄上川 樗良
  • 新涼や月光うけて雨しばし 本田あふひ
  • 新涼や紫苑をしのぐ草の丈 杉田久女
  • 新涼の水の浮かべしあひるかな 安住敦

処暑(しょしょ)

初秋
二十四節気の一つで、立秋の後十五日、八月二十二、二十三日にあたる。
処暑は、暑さが収まるという意味。

  • 鳰の子のこゑする処暑の淡海かな 森澄雄
  • 処暑の僧漢語まじりにいらへけり 星野麦丘人
  • 山を見ていちにち処暑の机かな 西山誠

八月尽(はちがつじん)

初秋
八月のカレンダー
陽暦の八月が終わること。
夏休みや避暑の時期が終わる時。

葉月尽(はづきじん)
  • 八月尽の赤い夕日と白い月 中村草田男
  • とめどなく八月尽の滝の音 百合山羽公
スポンサーリンク