紅葉に関する季語・樹種編

紅葉
紅葉する木々の季語を集めました。
樹の種類ごとに写真を添えて説明しています。

紅葉狩りに行くときにも、木の種類を見分けられたらまた楽しさが広がりますね。

スポンサーリンク

紅葉する主な樹の種類

楓(かえで)

イロハカエデ

イロハカエデ

晩秋
紅葉といえば見事に鮮やかな紅に染まる楓が代表的。
紅葉を詠んだ歌の多くは楓であるといわれる。
京都の高尾に多いことから、高尾紅葉(たかおもみじ)、高尾楓ともいう。

葉は五裂または七裂していて、ふちはギザギザの鋸葉になっている。
形が蛙の手に似ていることから、「かえるで」といった。

中でも日本で最もよくみられるイロハカエデは、その裂片を「いろはにほへと」と数えたことに由来する。

もみじ、かえるで、高尾紅葉、高尾かえで、いろはかえで、山紅葉、縮緬かえで(ちりめんかえで)、きれにしき、羽団扇かえで(はうちわかえで)、名月かえで、麻の葉かえで、板屋かえで、唐かえで、嶺かえで、三つ手かえで、一つ葉かえで、楓紅葉(かえでもみじ)、紅楓(こうふう)

柏黄葉(かしわもみじ)

柏黄葉
晩秋
柏はブナ科の落葉高木。葉は柏餅に用いられる。
見事に黄葉するので名木紅葉(なのきのもみじ)のひとつに数えられる。

漆紅葉(うるしもみじ)

ツタウルシの紅葉

ツタウルシ

晩秋
漆をとるための漆の木だが、紅葉といえば山に自生する山うるし、蔦うるしをさすことが多い。
触れると皮膚がかぶれるので要注意。

美しく紅葉した葉の裏は黄色になる。

櫨紅葉(はぜもみじ)

ハゼモミジ
晩秋
主に関東以西に自生するウルシ科の落葉高木。
「蠟の木」とも呼ばれ、熟した白い果実から和ろうそくの原料となる木蠟(もくろう)を採った。

銀杏黄葉(いちょうもみじ)

黄葉
晩秋
黄葉する木々の中でも代表的なのが銀杏。
銀杏並木では全体が見事に黄色く染まり、扇型の黄色の葉が一面に落ちてゆく。

錦木(にしきぎ)

ニシキギ
晩秋
ニシキギ科の落葉低木。山野に自生する。
枝にコルク質の翼が四方につき、葉は楕円形。

五月ごろ、黄緑色の小花が咲き、実は熟すと真っ赤になる。
秋には葉が見事に赤く染まる。庭木に多く植えられる。

世界三大紅葉樹のひとつになっている。

鬼箭木(にしきぎ)、錦木紅葉、錦木の実

桜紅葉(さくらもみじ)

桜紅葉
仲秋
ほかの木々よりいち早く紅葉し、散りはじめる。

桜の落ち葉

桜の落ち葉

紅葉の色も橙色から黄色のグラデーションや虫食いの跡などがあり、表情豊かな趣を見せる。

柞紅葉(ははそもみじ)

クヌギの黄葉

クヌギの黄葉(右はハナミズキ)

晩秋
ブナ科の落葉高木。
「柞(ははそ)」とは、コナラ、ミズナラといった楢(なら)の木、またクヌギも含めた総称。
見事な黄色や赤に染まる。

クヌギのどんぐり

クヌギのどんぐり

楢紅葉(ならもみじ)

柿紅葉(かきもみじ)

柿紅葉
晩秋
柿の実が赤く熟してくるとともに、葉も色づいてくる。
葉の表面はつややかで、赤、黄、緑の斑点など混じり合い、その模様も楽しめる。

梅紅葉

梅紅葉
晩秋
緑から黄色、明るい赤色へと紅葉していく。

ななかまど

ナナカマド
晩秋
バラ科の落葉高木。七月ごろ小さい白い花をたくさんつけ、そのあと真っ赤な実になる。
晩秋の紅葉も燃えるような赤に染まる。
その木材は堅く燃えにくいので、かまどに七回入れても炭にならないという意味でこの名がついた。

七竈(ななかまど)、野槐(ななかまど)、ななかまどの実

その他、草木の種類

白膠紅葉(ぬるでもみじ)、合歓紅葉(ねむもみじ)、満天星紅葉(どうだんもみじ)、葡萄紅葉、白樺黄葉、薄紅葉(すすきもみじ)、櫟紅葉(くぬぎもみじ)、蔦紅葉(つたもみじ)、蓼紅葉(たでもみじ)

ドウダンツツジの紅葉

満天星紅葉(ドウダンツツジの紅葉)

紅葉する草の季語

草紅葉(くさもみじ)

草紅葉
晩秋
秋も深まると、木々の葉だけでなく草の葉もさまざまな色に染まる。
本格的に霜が降りて枯れてしまうまでの間、薄霜が朝日に溶けて露が宿る草紅葉の風情ある姿が見られる。

草の紅葉、草の錦、色づく草

水草紅葉(みずくさもみじ)

水草紅葉
晩秋
木の葉、草だけでなく、水田や沼、湖に浮く水草の葉も徐々に色づく。

萍紅葉(うきくさもみじ)、菱紅葉(ひしもみじ)

植物編まとめ

木の名前すべては覚えられなくても、葉の形や大きさ、色の違いや色づき具合など、さまざまなバリエーションの紅葉を見られるのも紅葉狩りの楽しみのひとつ。

春の芽吹きから、青々とした葉になり、秋には赤や黄に染まり、枯れて散ってゆく…
一年という葉の一生に想いを馳せながら、紅葉の時期を味わってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク