紅葉に関する季語

紅葉
朝晩が冷え込むようになると、紅葉前線も一気に南下してきます。
たくさんの種類の木々がそれぞれの色に染まり、長い冬の眠りに入る前に有終の美を飾るかのように華やかに彩られていきます。

日本では春の桜もですが、秋の紅葉も見逃したくない一大イベントですね。
行楽シーズンも重なり、紅葉狩りに行く際にも知っているともっと楽しめるような、紅葉に関する季語を集めてみました。

スポンサーリンク

植物

紅葉

晩秋
秋になり落葉樹の葉が紅色に変わること。
一番早い北海道では九月頃から、高地では十月、平地では十一月頃から楽しめる。
葉緑素がなくなり、蓄積したアントシアニンなどの色素の作用で赤く見える。
黄色に色づく黄葉もふくめて言う。
黄葉もやはり葉緑素がなくなり、カロチノイドの色素が黄色に見える。

「もみいづる」「もみづる」は動詞。

とくに紅葉・黄葉の美しい木を「名木紅葉(なのきのもみじ)」という。
漆紅葉、櫨紅葉、銀杏黄葉、白膠紅葉、柏黄葉、柿紅葉、梅紅葉、合歓紅葉、満天星紅葉、葡萄紅葉、白樺黄葉など。

紅葉(こうよう)、黄葉、もみいづる、もみづる、龍田草(たつたぐさ、紅葉の異称)、色見草(いろみぐさ)、妻恋草、紅葉の笠(紅葉を笠にたとえたもの)、夕紅葉、はし紅葉、入紅葉(いりもみじ)、むら紅葉、下紅葉、谿紅葉(たにもみじ)、村紅葉、庭紅葉、紅葉川、紅葉山、紅葉の淵、名木紅葉(なのきのもみじ)

初紅葉(はつもみじ)

初紅葉
仲秋
秋になって初めて見る紅葉。
初とつくことで、待っていたものに出会えた喜びの気持ちがこめられている。

薄紅葉(うすもみじ)

薄紅葉
仲秋
まだ十分に紅葉していなくて、薄く色づき始めた状態のこと。
静かに深まりゆく秋の気配が感じられる。

黄葉

黄葉
晩秋
晩秋に木々の葉が黄色に色づくこと。
銀杏(いちょう)、楢(なら)、櫟(くぬぎ)などが代表的な黄葉する木々。

もみじ、もみじば、黄葉する草木

照葉(てりは)

照葉紅葉
晩秋
秋晴れの日に、太陽の光に照り輝く紅葉。

照紅葉(てりもみじ)

紅葉かつ散る

紅葉と落ち葉
晩秋
紅葉した木々が一方では色づいていながら、また一方では散ってゆく様子。
「かつ」なので二つの状態が同時に存在しているという意味になる。

「かつ」のない「紅葉散る」はすっかり散ってゆく状態で冬の季語になる。

色葉散る(いろはちる)、色ながら散る、木の葉かつ散る

黄落(こうらく)

黄葉の落ち葉
晩秋
木の葉や果実が、秋に黄色に色づいて落ちること。

黄落期

雑木紅葉(ぞうきもみじ)

雑木紅葉
晩秋
「名木紅葉(なのきのもみじ)」の対義語で、さまざまな種類の木々の紅葉。
紅、黄のほか褐色や銅色などさまざまで、にぎやかで明るい感じになる。

時候

紅葉月(もみじづき)

晩秋
陰暦九月の異称。

天文

秋色(しゅうしょく)

三秋
彩り豊かな秋の景色、秋の気分や気配のこと。
紅葉についていうことが多い。また紅葉のほか、黄葉、稲の色づき、秋の草花の色にもいう。
空や海、なんとなく寂しい秋景色の形容にも使われる。

秋の色、秋光、秋の光、秋景色、秋容(しゅうよう)、秋望(しゅうぼう)

龍田姫(たつたひめ)

三秋
秋の紅葉を司る女神。竜田川は紅葉の名所である。
春の佐保姫に対して、秋は龍田姫といわれる。
陰陽五行説で西は秋にあたり、奈良の京の西に竜田山があり、龍田大社に祀られている。

地理

山粧う(やまよそう)

紅葉の山
三秋
色とりどりの紅葉に彩られる山々を、着飾って装うと表現した。
春は「山笑ふ」夏は「山滴る」冬は「山眠る」という季語がある。

これらの季語は、北宋の画家・郭煕(かくき)の言葉
「春山淡冶にして笑うが如く、夏山蒼翠として滴(した)たるが如し、秋山明浄にして粧うが如く、冬山惨淡として睡(ねむ)るが如し」
からといわれている。

山粧う(やまよそおう)、山彩る(やまいろどる)、粧う山

野山の色

晩秋
紅葉に彩られた秋の山野の姿。

野の色、山の色、野山色づく

野山の錦(のやまのにしき)

晩秋
秋の野山が、錦の華やかな織物のように美しく華麗に紅葉しているさま。

野の錦、山の錦、秋の錦、草木の錦

生活

紅葉衣(もみじごろも)

襲の色目
晩秋
着物の襲(かさね)色目のひとつで、陰暦九月より十一月まで着用した。

紅葉重(もみじがさね)

紅葉狩(もみじがり)

紅葉舟

紅葉舟

晩秋
紅葉した自然の山々に出かけ、紅葉の美しさを鑑賞しに行くこと。

紅葉見、観楓(かんぷう)、紅葉踏む、紅葉酒、紅葉茶屋(もみじぢゃや)、紅葉舟(もみじぶね)、紅葉焚く(もみじたく)

紅葉の賀(もみじのが)

晩秋
紅葉の美しい頃に行う祝宴のこと。

秋の御遊(ぎょゆう)

行事

紅葉の帳(もみじのとばり)

初秋
「庭の立琴(にわのたてごと)」という季語の傍題。
庭の立琴とは七夕の行事のひとつで、宮中や公卿の家で行われた。
この時、几帳(きちょう)には五色の帳(とばり)、五色の糸をかけた。
これを紅葉のとばりという。

同じ傍題に立琴、九枝燈(きゅうしとう)、火取香(ひとりこう)がある。

紅葉の橋(もみじのはし)

初秋
かささぎの橋
「鵲(かささぎ)の橋」という季語の傍題。
七夕の夜、天の川にかかる橋のこと。

同じ傍題に星合(ほしあい)、星の橋、行合(ゆきあい)の橋、寄羽(よりば)の橋、天の小夜橋(あまのさよはし)、烏鵲(うじゃく)の橋がある。

動物

紅葉鮒(もみじぶな)

晩秋
源五郎鮒(ゲンゴロウブナ)、釣り人の間では別名ヘラブナといわれるコイ科の淡水魚のヒレが、晩秋に赤みを帯びてくることから、この呼び名ができた。
主に琵琶湖周辺で呼ばれる。

紅葉鱮(もみじたなご)

晩秋
鱮(タナゴ)はコイ科に分類される、体長約6〜10センチの淡水魚。
源五郎鮒と同じで、晩秋にヒレが赤くなったタナゴのことをいう。

次回は紅葉の第二編、「紅葉に関する季語・樹種編」をお届けします。
スポンサーリンク