秋の果物の季語

柿とブドウ
秋といえば収穫の秋。色とりどりの果物が店先に並び、実りの秋を感じさせます。

今回は秋の果物に関する季語を集めました。
日本の秋を五感を通して存分に味わいながら、ぜひ一句詠んでみてくださいね。

スポンサーリンク

植物

秋果(しゅうか)

三秋
秋の果物
果樹の多くは春から初夏に花を咲かせ、秋に実りの季節を迎える。
秋の果実を秋果という。
青果店には色とりどりの果実が並び、秋の訪れを感じさせる。

秋の果物(あきのくだもの)
  • とりどりの秋果買ひゆけり彌撒(ミサ)のあと 堀口星眠
  • 沈む色浮く色秋果盛られをり 岡田貞峰
  • 旅とほく帰る秋果を網棚に 宇咲冬男
  • 秋果盛り合はす花より華やかに 原田紫野
  • 秋果盛る家族揃ひし日のごとく 佐藤博美

桃の実(もものみ)

初秋
桃の実
桃は七月から八月頃に旬を迎える。
一般に食されるのは水蜜桃の種類で、天津桃といわれる先の尖った在来種はあまり作られなくなった。

中国が原産で、桃は昔、邪気を払う力があるとされた。
白い果肉の白桃、白鳳系と、黄色い果肉の黄桃系がある。

桃の実(もものみ)、白桃(はくとう)、水蜜桃(すいみつとう)、天津桃(てんしんとう)、ネクタリン、油桃(ゆとう)
  • 白桃や彼方の雲も右に影 中村草田男
  • 桃冷やす水しろがねにうごきけり 百合山羽公
  • さえざえと水蜜桃の夜明けかな 加藤楸邨
  • 桃むけば夜気なめらかに流れそむ 井沢正江
  • 桃熟れて雨一粒もふらぬなり 柏禎

梨(なし)

三秋
梨の実
梨は八月から九月頃に旬を迎える。
甘くて水分が多い幸水(こうすい)、甘さとともに少し酸味の感じられる豊水(ほうすい)、実の大きい新高(にいたか)などの赤梨、二十世紀などの青梨がある。

洋梨は日本の梨とは違い、収穫してから追熟させる。ラ・フランスは十一月から十二月頃が食べ頃となる。
独特のねっとりとした食感と濃厚な風味がある。

日本梨(にほんなし)、洋梨(ようなし)、梨子(なし)、梨売(なしうり)、梨園(なしえん)、赤梨(あかなし)、青梨(あおなし)、長十郎(ちょうじゅうろう)、二十世紀(にじっせいき)、ありのみ
  • 水なしやさくさくとして秋の風 惟中
  • 小刀の刃に流るるや梨の水 毛条
  • 梨むくや甘き雫の刃を垂るゝ 正岡子規
  • ラ・フランス花のごとくに香りけり 佐々木まき

青蜜柑(あおみかん)

三秋
青蜜柑
蜜柑が熟す前の、皮が濃い緑色の蜜柑を青蜜柑という。
また、仲秋にいち早く市場に出回る早生種の蜜柑は、皮は緑色でも中身は甘い。これも青蜜柑と呼ぶ。

単に「蜜柑(みかん)」といえば冬の季語となります。
早生蜜柑(わせみかん)
  • 老の目の僅かにたのし青蜜柑 百合山羽公
  • 伊吹より風吹いてくる青蜜柑 飯田龍太
  • 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子

柿(かき)

晩秋
柿
日本の秋を代表する果実の柿は、晩秋に木全体に赤く熟した実をつけた姿が農村の原風景となっている。

昔はすべて渋柿だったので、渋を抜いて食用にした。
酒樽に入れて渋を抜くことを「醂す(さわす)」といい、これを樽柿(たるがき)といった。
また吊し柿(つるしがき)、干柿にしても渋が抜ける。完熟するまで待っても食べられるようになる。

甘柿が現れたのは鎌倉時代のことであった。

柿の実を木から取り尽くさず、高い枝の実を一つか二つ残しておくことで、翌年もたくさんの実がなるようにと願う(または小鳥の分をとっておくからともいわれる)ことを「木守(きまもり)」「木守柿(きもりがき)」といい、冬の季語となっている。

渋柿(しぶがき)、樽柿(たるがき)、串柿(くしがき)、ころ柿(ころがき)、吊し柿(つるしがき)、干柿(ほしがき)、甘干(あまぼし)、柿干す(かきほす)、柿吊す(かきつるす)、甘柿(あまがき)、きざわし、きざらし、きざ柿(きざがき)、木練(こねり)、熟柿(じゅくし)、赤柿(あかがき)、百目柿(ひゃくめがき)、富有柿(ふゆうがき)、御所柿(ごしょがき)、禅師丸(ぜんじまる)、次郎柿(じろうがき)、伽羅柿(きゃらがき)、蜂屋柿(はちやがき)、西条柿(さいじょうがき)、祇園坊(ぎおんぼう)、鶴の子(つるのこ)、会津身知らず(あいずみしらず)、柿なます、柿羊羹(かきようかん)、山柿(やまがき)、柿の秋(かきのあき)、柿店(かきみせ)、柿の蔕落ち(かきのほぞおち)
  • 渋柿や觜(はし)おしぬぐふ山がらす 白雄
  • 渋柿の如きものにては候へど 松根東洋城
  • 我が死ぬ家柿の木ありて花野見ゆ 中塚一碧楼
  • 柿落つる音して月はなかりけり 増田流雨
  • 塗盆の曇るや柿のつめたさに 長谷川春草
  • 人ごみの中手みやげの枝葉柿 瀧井孝作

熟柿(じゅくし)

晩秋
熟した柿
紅く完熟した柿のこと。
皮はするっと剥け、中身はやわらかくとろっとして甘みが強くなっている。

うみ柿(うみがき)
  • 日あたりや熟柿の如き心地あり 夏目漱石
  • いちまいの皮の包める熟柿かな 野見山朱鳥
  • 熟れ柿を剥くたよりなき刃先かな 草間時彦

信濃柿(しなのがき)

晩秋
豆柿ともいわれ、千成柿、葡萄柿の別名があるように、実は小さく1~2cm程度で枝に連なるように実る。
古くから栽培され信濃に多いのでその名がついた。

未熟の青い実から柿渋をとるために栽培され、また材木としても用いられる。
晩秋に霜があたり黒っぽく熟したものは、甘く食用になる。

豆柿(まめがき)、小柿(こがき)、猿柿(さるがき)、葡萄柿(ぶどうがき)、君遷子(くんせんし)
  • 豆柿をこころみて渋大いなり 皆吉爽雨
  • 信濃柿赫(あか)し敗兵の日を思ふ 角川源義

林檎(りんご)

晩秋
リンゴ
青森、長野など冷涼な地域で生産される林檎は、さまざまな品種が栽培されている。
ふじ、つがる、シナノスイート、ジョナゴールド、陸奥、王林、シナノゴールドなど、秋から冬にかけてたくさんの品種が出回り、日本の果物の代表ともいえる。

紅玉(こうぎょく)、国光(こっこう)、ふじ、王林(おうりん)、林檎園(りんごえん)、印度苹果(いんどりんご)、デリシャス、スターキング
  • 星空へ店より林檎あふれをり 橋本多佳子
  • 母が割るかすかながらも林檎の音 飯田龍太
  • 残照の海見ゆるところ林檎熟る 沢木欣一
  • 林檎園やはらかき草踏みて入る 岸田稚魚

葡萄(ぶどう)

仲秋
葡萄棚
古くから栽培され品種も多い葡萄は、甲州葡萄で知られる山梨県、長野県、山形県などが主な産地となっている。

巨峰やピオーネなどの黒色系の葡萄、デラウェア、甲斐路などの赤色系の葡萄、シャインマスカット、マスカット・オブ・アレキサンドリアなどの緑色系の葡萄がある。

デラウェア、マスカット、黒葡萄(くろぶどう)、葡萄園(ぶどうえん)、葡萄棚(ぶどうだな)
  • くゞり摘む葡萄の雨をふりかぶり 杉田久女
  • 葡萄一粒一粒の弾力と雲 富澤赤黄男
  • 秋を掌にのせしと云へる葡萄かな 永井東門居
  • 原爆も種無し葡萄も人の智慧 石塚友二
  • マスカット母との刻のゆるり過ぎ 野澤節子

栗(くり)

晩秋
栗
晩秋に熟れた栗は、棘のある毬(いが)が裂けて弾け落ちる。
毬から褐色の実をのぞかせているものを笑栗(えみぐり)という。

一つの毬の中には三粒入っているが、まれに一粒だけのものがあり、一つ栗(ひとつぐり)という。

丹波栗(たんばぐり)、柴栗(しばぐり)、ささ栗(ささぐり)、山栗(やまぐり)、栗飯(くりめし)、毬栗(いがぐり)、一つ栗(ひとつぐり)、三つ栗(みつぐり)、笑栗(えみぐり)、出落栗(でおちぐり)、落栗(おちぐり)、虚栗(みなしぐり)、焼栗(やきぐり)、ゆで栗(ゆでぐり)、栗山(くりやま)、栗林(くりばやし)、栗羊羹(くりようかん)、栗饅頭(くりまんじゅう)、栗鹿の子(くりかのこ)、栗きんとん、マロン=グラッセ、搗栗作る(かちぐりつくる)、打栗作る(うちぐりつくる)
  • 行く秋や手をひろげたる栗のいが 芭蕉
  • 栗一粒秋三界を蔵しけり 寺田寅彦
  • 栗のつや落ちしばかりの光なる 室生犀星
  • みなし栗ふめばこゝろに古俳諧 富安風生
  • 焼栗やまた近くなる雨の音 長田幹彦
  • 知らぬ子とあうてはなれて栗拾ふ 藤後左右
  • 毬の中別るる栗の相抱く 林原耒井

無花果(いちじく)

晩秋
イチジクの実
無花果の字が当てられたのは、一見して花が咲かないのに実がなるように思われたからだが、春から夏に花嚢の中に無数の白い花を咲かせている。そして花嚢全体が秋に赤紫色に実る。

昔は庭や水辺などの比較的湿った場所によく植えられていた。日持ちがしないので、庭にあると新鮮なものが手軽に食べられる。

とうがき、ほろろいし
  • 無花果や垣は野分に打倒れ 史邦
  • 無花果の古江を舟のすべり来し 高浜虚子
  • 無花果の小鳥空家の日暮どき 阿部みどり女

石榴(ざくろ)

仲秋
ざくろの実
石榴の実は熟すと堅く厚い皮が裂けて、果肉の中にルビーのような真っ赤な種がたくさん詰まっているのが見える。
食べると甘酸っぱく、ジュースなどにする。

柘榴(ざくろ)、実石榴(みざくろ)
  • 秋光に驚き裂けし石榴かな 杉山飛雨
  • 美しき柘榴に月日ありにけり 瀧井孝作
  • 柘榴火のごとく割れゆく過ぎし日も 加藤楸邨
  • 実ざくろや妻とは別の昔あり 池内友次郎

棗の実(なつめのみ)

初秋
ナツメの実
芽吹きが遅く、初夏になって芽を出すということから「なつめ」と名付けられた。

枝先に2、3cmほどの楕円形の緑色の実をたくさんつける。
熟すと暗紅色になり、林檎のような味がする。乾燥させて漢方などでも用いられる。

茶道具の棗は、この実の形が似ていることから名付けられた。

棗(なつめ)、青棗(あおなつめ)
  • 仮住みや棗にいつも風吹いて 細見綾子
  • しぐれ雲から落ちてきし棗の実 六角文夫
  • さみどりの雨後の棗に風すこし 南出朝子
  • なつめの実青空のまま忘れらる 友岡子郷
  • 浪音の空にしてゐる棗の実 茨木和生

胡桃(くるみ)

晩秋
クルミ
日本では主に長野県でシナノグルミが栽培されている。
もともと自生しているのはオニグルミで、殻が非常に堅く、中の仁は小さい。
木は家具などの材木として用いられる。

果実は熟すと果皮が裂け、堅い殻をもつ核が現れる。これを割り、中の白い胚乳の部分を食用にする。

鬼胡桃(おにくるみ)、姫胡桃(ひめくるみ)、沢胡桃(さわくるみ)、野胡桃(のくるみ)、胡桃割る(くるみわる)
  • 子等遠し病力もて胡桃割る 石田波郷
  • 荷を解けば信濃胡桃の転がる音 吉田北舟子
  • 栗鼠の子に胡桃落して森は母 山田孝子
  • 夜の卓智慧のごとくに胡桃の実 津田清子
  • 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行
  • 父といふしづけさにゐて胡桃割る 上田五千石

酢橘(すだち)

晩秋
スダチ
徳島県原産の柑橘類で、柚子よりもやや小さく、青いうちにしぼって料理の香りづけに使う。
松茸の土瓶蒸しや、焼き秋刀魚に大根おろしとともに供される。

木酢(きず)
  • 夕風や箸のはじめの酢橘の香 服部嵐翠
  • すだちてふ小つぶのものの身を絞る 辻田克巳
  • あり合はせと言ひし品数青すだち 佐藤博美

柚子(ゆず)

晩秋
ユズ
晩秋に黄色に熟れる柚子は香りが高く、春の木の芽に対して秋は柚子が香りの代表とされる。
皮を薄く削いで風味づけに、果肉はしぼってポン酢にしたりする。
和菓子、洋菓子にも多く用いられている。

また冬至の日に柚子湯に入ると風邪をひかないといわれる。

柚子の実
  • 実をあまたつけたる柚子の日向かな 渋沢渋亭
  • 柚子匂ふ無音の闇に圧されをり 目迫秩父
  • 真向ひの山に満月柚子の里 西村公鳳
  • 子の置きし柚子に灯のつく机かな 飴山実
  • 柚子もがれさむく静かな月夜来る 大井雅人
  • 柚子の実に飛行機雲のあたらしき 石田郷子

柑子(こうじ)

晩秋
古くから栽培され、皮が薄く酸味が強いが、熟れると橙色が濃くなり甘みも増す。
温州ミカンの栽培が難しい日本海側で主に栽培される。

柑子蜜柑(こうじみかん)
  • 名月に葉隠れ柑子見出たり 成美
  • 仏壇の柑子を落す鼠かな 正岡子規
  • 海の日の柑子に曇る伊豆の寮 木村蕪城

金柑(きんかん)

晩秋
キンカンの実
3センチほどの橙色の金柑は果肉は酸味が強いが、香りの高い果皮が厚く、生や砂糖漬けにしていただく。
喉にいいので冬の風邪に効くといわれ重宝される。

金橘(きんきつ)、姫橘(ひめきつ)
  • 金柑にはや頬白の来鳴くなり 岡本癖三酔
  • 一本の塀のきんかん数しらず 阿波野青畝
  • 入日の家金柑甘く煮られゐつ 村越化石

オリーブの実(おりーぶのみ)

晩秋
オリーブの実
モクセイ科の常緑高木で、緑色の実が熟すと紫黒色になる。
熟す前に収穫してグリーンオリーブ、熟してから収穫するとブラックオリーブとなり、それぞれ料理などに用いられる。

橄欖(かんらん)
  • オリーブの実たわゝ並木道をなす 森田峠
  • オリーブの実の密放哉の墓まろし 久保田月鈴子
  • 橄欖を擲げたき真青地中海 林翔

檸檬(れもん)

晩秋
レモン
爽やかな酸味と香りのレモンは一年中売られているが、国産のレモンは晩秋から収穫されるため秋の季語となっている。

レモン
  • 檸檬青し海光秋の風に澄み 西島麦南
  • 夜々の星檸檬をしぼりながらへて 三谷昭

榲桲(まるめろ)

晩秋
マルメロの実
秋に黄色く楕円形のカリンに似た実をつける。国内では主に長野県で生産されている。
香りがありはちみつ漬けや果実酒、缶詰にする。

マルメロをカリンと呼ぶ地方があるが、マルメロには表面に産毛があり、カリンの表面はツルツルしている。

まるめいら、おにめ、香円(こうえん)
  • 世をすねし様にまるめろゆがみしよ 島田五空
  • まるめろにはや新雪の槍穂高 加藤楸邨
  • 吾子紅衣せしかば与ふマルメロを 石田波郷

榠櫨の実(かりんのみ)

晩秋
カリンの実
秋に黄色い果実をつけるカリンは喉に良いといわれ、香りが良くはちみつ漬けや果実酒に用いられる。

花梨の実(かりんのみ)、唐梨(からなし)、きぼけ、海棠木瓜(かいどうぼけ)、あんらん樹(あんらんじゅ)
  • くわりんあり鳥羽僧正の絵巻あり 後藤夜半
  • くらがりに傷つき匂ふかりんの実 橋本多佳子
  • かりんの実しばらくかぎて手に返す 細見綾子
  • 湖(うみ)始まる榠櫨の下の広さより 松本旭
  • 己が木の下に捨てらる榠櫨の実 福田甲子雄
  • 何となき歪みが親し榠櫨の実 渡辺恭子
スポンサーリンク