秋の風を表す季語

ススキ
古来日本人は風にも微妙な違いを感じ取り、それぞれ名前をつけてきました。
秋に吹く爽やかな風、嵐、また台風による暴風まで、秋の風の名前を集めました。

スポンサーリンク

秋に吹き始める風

秋の初風(あきのはつかぜ)

田園風景
初秋
秋になり空は澄み渡り、ほのかにひんやりとした風が吹いて、いよいよ秋の到来を告げるそよ風。
秋を感じる初めての涼風。

秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

藤原敏行(としゆき) 古今和歌集巻四秋

初秋風 涼しき夕 解かむとぞ 紐は結びし 妹に逢はむため

大伴家持 万葉集巻二十

初秋風(あきはつかぜ)、初風(はつかぜ)
  • 初風や回り灯籠の人いそぐ 几董
  • 夏草と見し間に秋の初風や 松瀬青々
  • 秋初風狭山の夜の藪うごく 長谷川かな女
  • 初風やこの家繭を匂はせて 桑原月穂

秋風(あきかぜ)

三秋
秋に吹く風一般。
三秋にわたっての季語なので、初秋の風もあり、仲秋のさわやかな風、晩秋の冷ややかな風をいう場合もある。

冬に向かい万象を枯らしてしまう風、ひっそりと物寂しいさまを表すことが多い。

古代中国の五行思想により秋は「金」、秋の色は「白」になることから、傍題の「金風」「素風」ともいう。

秋の風、秋風(しゅうふう)、素風(そふう)、金風(きんぷう)
  • 秋風や藪も畠も不破の関 芭蕉
  • よもすがら秋風聞くや裏の山 曾良
  • 秋風や白木の弓に弦張らん 去来
  • 大木の根に秋風の見ゆるかな 池内たけし

色なき風(いろなきかぜ)

色なき風
三秋
秋の風。中国の陰陽五行説により秋の色は白、色のない風とあらわした。

吹き来れば 身にもしみける 秋風を 色なきものと 思ひけるかな

紀友則 古今六帖

物思へば色なき風もなかりけり身にしむ秋の心ならひに

久我太政大臣雅実(まさざね) 新古今和歌集巻八

このように歌に詠まれ、色のない寂しい身にしむような秋風をいうようになった。

風の色(かぜのいろ)、素風(そふう)
  • 籠らばや色なき風の音聞きて 相生垣瓜人
  • 梓川白し色なき風の過ぐ 志摩芳次郎
  • 野ざらしの驢馬に色なき風の音 加藤知世子
  • わが里は色なき風と鶏ばかり 北光星

爽籟(そうらい)

三秋
秋風の爽やかな響き、風が物に当たって発する音のこと。
籟(らい)とは、三つ穴のある笛のことで、風が当たって発する響きのことをいうようになった。

松に吹く風の音を「松籟(しょうらい)」というように、秋風の爽やかな音をあらわす。
聴覚に訴えかける言葉である。

  • 爽籟や空にみなぎる月あかり 日野草城
  • 爽籟に大安達野をかへりみる 富安風生
  • 山荘のけさ爽籟に窓ひらく 山口草堂

台風前の暴風、発達した低気圧

初嵐(はつあらし)

初秋
初秋の台風期に入る前に、強く冷ややかな風がはじめて吹くこと。
急に秋の到来を思わせる荒い風。

  • 空をとぶ鴉いびつや初嵐 高浜虚子
  • 白壁に雨のまばらや初嵐 西山泊雲
  • 蘭の葉のとがりし先を初嵐 永井荷風
  • 戸を搏つて落ちし簾や初嵐 長谷川かな女
  • なんの湯か沸かして忘れ初嵐 石川桂郎

秋の嵐(あきのあらし)

三秋
秋に低気圧が発達して、台風を思わせるような強い風が吹き荒れること。
「春の嵐」に対する季語。

秋の大風(あきのおおかぜ)

台風関連の言葉

野分(のわき)

仲秋
台風に伴う秋の暴風。
野の草木をなびかせ吹き分けていくところから、野分というようになった。
台風といえば雨風をともなうが、台風がそれた時の強い風のみのものもいう。

野わけ、野分雲(のわきぐも)、野分だつ(のわきだつ)、野分跡(のわきあと)、野分晴(のわきばれ)
  • 芭蕉野分して盥に雨を聞夜哉 芭蕉
  • 底のない桶こけ歩行(ありく)野分かな 蕪村
  • 顔出せば闇の野分の木の葉かな 太祇
  • たふれける竹に日の照る野分かな 樗良
  • 声も立てず野分の朝の都鳥 闌更
  • 大いなるものが過ぎ行く野分かな 高浜虚子
  • 野分して蟷螂を窓に吹き入るる 夏目漱石
  • 白壁に月さやかなる野分かな 岡本松浜

台風(たいふう)

台風
仲秋
北太平洋西部の熱帯の海上で発生し、最大風速が毎秒17.2メートル以上の熱帯低気圧にともなう暴風雨。
typhoonに漢字を当てた言葉。
初め北西に進み、のちに偏西風や気圧配置の影響により、北東に進路を変えて進む。

颱風(たいふう)、颶風(ぐふう、台風の別称)、台風圏(たいふうけん)、台風裡(たいふうり)、台風禍(たいふうか)、台風眼(たいふうがん)、台風の目(たいふうのめ)
  • 颱風に傾くまゝや瓢(ふくべ)垣 杉田久女
  • 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門
  • 颱風や虫の鳴きゐる石炭車 本田一杉
  • 梯子あり颱風の目の青空へ 西東三鬼
  • 颱風の蟬を拾へば冷たかり 佐野良太

やまじ

仲秋
台風性の南寄りの強風。主に瀬戸内海沿岸地方でこの呼び名がある。
やまぜともいい、山並みから吹き降ろす風のことをいう場合もある。

おしあな

荒れた海
仲秋
南東から吹く台風にともなう暴風。
主に長崎県沿岸部で呼ばれる。
北西の風「あなじ」の押し返しという意味で「おしあな」という。

行事に関する言い方

送りまぜ

初秋
陰暦七月、盂蘭盆会(うらぼんえ)を過ぎてから吹く南風。
近畿、中国地方の船人がつけた言葉。

精霊を送る気持ちをこめて「送りまぜ」という。
台風にともなう激しい強風も含まれる。

おくりまじ、送南風(おくりまぜ)
  • 送りまぜ鋭き萱のみだれかな 杉山飛雨

盆東風(ぼんごち)

初秋
陰暦の盂蘭盆会の頃に吹く東風。
伊豆、鳥羽の船人の言葉。涼しさ、新涼をもたらす。

盆北風は、同じ盂蘭盆会の頃に吹く北風のことで、壱岐の船人の言葉。

盆北風(ぼんぎた)
  • 盆東風のすこしつのりて山暴るゝ 大場白水郎
  • 盆東風や紅刷きそめし山うるし 米谷静二

漁業、農業関係

高西風(たかにし)

籾落とし
仲秋
十月ごろの北西の強風。
九州、山陰地方でいわれた言葉。
高は子(ね)の方向、つまり「北」の意味。

土用時化(どようじけ)、籾落し(もみおとし)
  • 高西風に秋たけぬれば鳴る瀬かな 飯田蛇笏
  • 高西風の青き運河に鷗翔く 細田寿郎

大西風(おおにし)

晩秋
晩秋に吹く強い西風。
瀬戸内海や八丈島での呼び方。
低気圧が通り過ぎたあとの西からの強風。

青北風(あおぎた)

仲秋
九月から十月の晴天の日に吹く強い北風。
西日本の船人の言葉。

動植物に関する言い方

鮭颪(さけおろし)

鮭の遡上
仲秋
鮭が産卵のために川へ上ってくる仲秋の頃に吹く暴風。
主に東北地方での呼び方。

  • 鮭おろし母なる河に濤押し入り 澤田緑生
  • 廃船のどこか鳴るなり鮭颪 吉村唯行

黍嵐(きびあらし)

仲秋
穂をつけた黍の高い茎を倒さんばかりの秋の嵐。
芋嵐も同じく、地面に近い芋の葉をも翻すほどの強風。

芋嵐(いもあらし)
  • 案山子翁あちみこちみや芋嵐 阿波野青畝
  • 雀らの乗つてはしれり芋嵐 石田波郷

雁渡し(かりわたし)

仲秋
雁が渡ってくる頃、初秋から仲秋にかけて、北方から吹いてくる風。
伊豆や伊勢の漁師の言葉だった。

  • 雁渡し歳月が研ぐ黒き巌 大野林火
  • 流木の磯に居坐る雁渡し 鈴木真砂女
  • 鐘ひとり揺れて湖北の雁わたし 鷲谷七菜子
  • めつむれば怒涛の暗さ雁渡し 福永耕二

萩の下風(はぎのしたかぜ)

初秋
萩の花の茂みの下を、風が吹き抜けていくこと。

荻の声(おぎのこえ)

初秋
荻を揺らして吹く秋の風。

荻の風、荻の上風、荻吹く、ささら荻

鯉魚風(りぎょふう)

秋の風のことをいう。

時候の季語

律の風(りちのかぜ)

三秋
秋らしい感じがする風のことを、音調にたとえていう。
「律の調べ」の「律」は「呂(りょ)」とともに、音の音階、調子をあらわしている。

日本音楽で律は陰、呂は陽としたので(中国では逆)、春の陽に対して秋は陰、ということで秋らしい風を「律の風」といった。

地理の季語

花野風(はなのかぜ)

三秋
秋の季語「花野」の傍題。
さまざまな花が咲き乱れる秋の野に、花々を揺らして吹き渡る風。

春の花とは違い、花野には吾亦紅、松虫草、水引草、野菊などつつましやかな風情の花が多く咲く。

「花」は春の桜を指す季語ですが、「花野」になると秋の草花が咲く野原の意味になり、秋の季語になります。
「お花畑、お花畠(おはなばた)」は夏の高山植物が咲く野原の意味で、夏の季語です。
同じく「花野」の傍題
花野原(はなのはら)、花野道(はなのみち)

さいごに

ススキ原
いくつの風の名前をご存知でしたか?
今日、外で風を感じたらぜひ一句詠んでみてくださいね。

ちなみに、風のようで風でない秋の季語もあげておきましょう。

いろ取風(いろどりかぜ)」は萩(はぎ)の別称
鳥風(ちょうふう)」は、鳥の大群が一斉に南下してくる羽音が大きくて、風のようにきこえる様子をいいます。

スポンサーリンク