節分に関する季語

福豆
子供の頃、節分の夜に鬼は外、福は内と言いながら、家族で豆をまいた思い出がある方も多いのではないでしょうか。

豆まきを終わった後、年の数だけ豆を食べるのですが、美味しくていつも年の数より多く食べていました。(今は年の数だけ食べるのも大変になってしまいましたが…)

翌日に部屋のあちこちから豆が出てきたり、庭や家の前の道に落ちている豆を食べに、鳥たちがたくさん来ていたのを思い出します。

節分の日、千葉県の成田山新勝寺や、東京浅草の浅草寺では、著名人による豆まきが恒例となっています。
奈良市の春日大社では春日大社節分万燈籠が行われます。

そして節分が終わればいよいよ立春、暦の上では春を迎えます。

ようやく春が来るという期待を込めた節分の季語にはどんなものがあるか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

時候

節分

晩冬
季節の移り変わる時という意味で、冬から春への変わり目、立春の前日をさすようになった。

節替り(せつがわり)、節分(せちぶ)
  • 節分に空も豆うつ霰(あられ)かな 作者不知(出典・毛吹草)
  • 節分は我年とひに来る子かな 猿雖(えんすい)
  • 節分や肩すぼめゆく行脚僧 幸田露伴
  • 節分の豆少し添へ患者食 石田波郷
  • 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男

冬尽く(ふゆつく)

晩冬
クロッカス
三ヶ月の冬が終わること。長く暗い冬から解放される喜びがある。

冬終わる、冬果つ(ふゆはつ)、冬行く(ふゆゆく)、冬去る、冬の名残(冬を惜しむのではなく、春のくる喜びの中でまだ残っている冬のこと)、冬の限り、冬の別れ、冬送る、三冬尽く(みふゆつく)
  • 雨にうたす植木一鉢冬終る 村山古郷
  • 赤松の根に蟇(ひき)がをり冬了る 原けんじ

行事

追儺(ついな)

晩冬
禍(わざわい)を追い払うという意味。

暴れる鬼を追い払う行事で、中国から伝わり大晦日の宮中行事になったものが、神社や寺院に広がり二月の節分に行われるようになった。

矛と盾、桃の弓と葦の矢で鬼を追い払う。

なやらい、鬼やらい
  • むつまじや追儺の宵の人の声 才麿
  • 追はれてや脇にはづるる鬼の面 荷兮
  • 姿ある鬼あはれなり鬼やらひ 三橋敏雄

豆撒(まめまき)

晩冬
鬼と福のお面
節分の夜に行う、追儺の豆撒きのこと。

鬼は外、福は内と連呼しながら豆を打って鬼を追い払う。

豆まきの豆は炒った大豆を用い、豆撒きの後、自分の年齢の数(または一つ多く)を食べる風習がある。

年男、年女、福豆、年取豆(としとりまめ)、年の豆、鬼打豆(おにうちまめ)、鬼の豆、豆打(まめうち)、豆はやす、福は内、鬼は外
  • かくれ家や歯のない口で福は内 一茶
  • あたゝかく炒られて嬉し年の豆 高浜虚子
  • 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人
  • 福豆のこぼるゝ帯を解きにけり 竹内万紗子

柊挿す(ひいらぎさす)

晩冬
柊とイワシの頭
節分の夜、柊の小枝に鰯の頭や豆殻を串刺しにして、魔除けとして門口に掲げる風習。

鰯のほかにもネギやらっきょうなど、臭いのするものを挿す地方もある。
江戸時代には柊売りがこれを売り歩いた。

鰯の頭挿す(いわしのかしらさす)、豆殻挿す(まめがらさす)、柊売(ひいらぎうり)、焼い嗅がし(やいかがし)、よつかがし、目突柴(めつきしば)、鬼の目さし
  • 門にさしてをがまるるなり赤いわし 一茶
  • さし柊わづかに雪をいたゞける 清原枴童

厄落(やくおとし)

晩冬
厄年にあたる人が、神社に詣でて厄払いをすること。

薪に姓名、年齢、干支を書いた厄の薪を神社で燃やしてもらったり、参詣する道すがら櫛やかんざしを辻に落として厄落とししたりする風習がある。

厄詣(やくもうで)、厄の薪(やくのたきぎ)、ふぐり落し(褌(ふんどし)を落として厄落としする)
  • 何物かつまづく辻や厄落し 高浜虚子
  • 厄捨てし戻り声するめでたさよ 阿波野青畝

厄払(やくばらい)

晩冬
節分の夜に、「厄払い、おん厄払いましょう」と声高に言って回る門付(かどつけ)がいた。
これを厄払という。

厄年の人のいる家で呼び止めて、紙に豆と銭を包んで渡すと、祝言の唱え言をした。

  • 厄払ひあとは隈(くま)なき月夜かな 蓼太
  • 厄はらひ余りに下手もおもしろき 言左

おわりに

恵方巻

恵方巻(えほうまき)は季語にはなっていませんが、最近では定着した風習のひとつ。
立春の前日、節分の日に恵方を向きながら無言で太巻き寿司を丸かぶりすると縁起が良いとされる。

節分草

節分草(せつぶんそう)という花がありますが、春の季語となっています。
節分の頃から咲き出すのでその名がつきました。
スポンサーリンク