冬の時候の季語・三冬|十一月、十二月、一月

雪の川
立冬から立春前日までの、冬の時候の季語のなかでも、三冬に分類される季語を集めました。

一年で最も日が短く寒さ厳しい冬。
木々は落葉し、動物や虫たちは休眠に入り、春の目覚めを待ちます。

生活は大変さを増しますが、寒さならではの美しい景色が見られるのもこの時期です。
冬の俳句作りの際にぜひ参考になさってください。
初冬の時候の季語
仲冬の時候の季語
晩冬の時候の季語

スポンサーリンク

時候

冬(ふゆ)

三冬
エゾリスと雪
暦の上では、立冬から立春の前日の節分までをいい、陰暦のほぼ十、十一、十二月にあたる。

陽暦では十一、十二、一月であるが、気象学上では、十二、一、二月を冬としている。

冬を三つに分けた初冬、仲冬、晩冬を「三冬」といい、その間の九十日間を「九冬」という。
陰陽五行で冬は黒にあたるので、玄(黒の意)をつけ「玄冬」ともいう。

三冬(さんとう)、九冬(きゅうとう)、玄冬(げんとう)、玄冥(げんめい)、玄帝(げんてい)、冬帝(とうてい)、黒帝(こくてい)、冬将軍(ふゆしょうぐん)、厳冬(げんとう)
  • 筆ちびてかすれし冬の日記かな 正岡子規
  • 枕摺れしてゐる頬や冬鏡 宮部寸七翁
  • 天龍も行きとどこほる峡(かひ)の冬 松本たかし
  • 馬馳せる冬まんだらの雲の影 富沢赤黄男
  • み仏に美しきかな冬の塵 細見綾子
  • 玄冬の鷹鉄片のごときかな 斎藤玄
  • 呼べばすぐ応へてしんと冬の家 植村通草
  • ひと通るたび翳さして冬の寺 矢島渚男

冬ざれ(ふゆざれ)

三冬
北本自然観察公園
冬になり草木は枯れ、荒涼としひっそりと物寂しいさま。
「冬されば」が誤用されたもので、「冬され」ともいう。

「冬さる」は冬になること。この動詞「さる」は、その時になるという意味である。
以前は初冬の季語とされていたことから、「冬になれば」という意味が残っていた。

「冬ざれ」と濁音になって発音されると、「曝る(ざる)…日光や風雨にさらされて色褪せたり枯れたりすること」の意味が重なり、冬枯れの蕭条たる景色となる。

冬されば あらしのこゑも 高砂の 松につけてぞ 聞くべかりける

能宣 拾遺集巻四 冬

冬され(ふゆされ)、冬ざるる(ふゆざるる)
  • 冬されや小鳥のあさる韮畠 蕪村
  • 大石や二つに割れて冬ざるゝ 村上鬼城
  • 冬ざれや雨にぬれたる枯葉竹 永井荷風
  • 冬ざれやころゝと鳴ける檻の鶴 水原秋櫻子
  • 見えぬ一病憎み愛しつ冬ざるる 角川源義
  • 冬ざれや屋根にかたより雀群る 小林清之介

冬暖か(ふゆあたたか)

三冬
陽だまりの猫
冬に入ってから、晴れて風のない日など、暖かい陽気になること。
天候により数日続くこともある。

暖冬の年は生活はしやすいが、農作物への影響や、雪不足によりスキー場に影響が出る。

冬暖(とうだん)、冬ぬくし(ふゆぬくし)、暖冬(だんとう)
  • 冬あたたか五十のわれに母在れば 大野林火
  • 弓形(な)りに海受けて土佐冬ぬくし 右城暮石
  • 暖冬や砂丘をのぼる身の重さ 秋元不死男
  • 暖冬の夜の雲歩く方へ迅(はや)し 原田種茅
  • 冬暖の雨ふる桃の瑞枝(みづえ)かな 小川鴻翔
  • 冬ぬくく鷗を追うて沖へ行く 泉春花
  • 校庭の柵にぬけみち冬あたたか 上田五千石
スポンサーリンク

盤渉調(ばんしきちょう)

三冬
雅楽の楽器
雅楽の唐楽の六調子の一つで、盤渉の音(洋楽のロ音にあたる)を主音とする調べのこと。

源氏物語(帚木)の中で、神無月(陰暦十月、陽暦十一月)の月の夜に、「木枯らしに吹きあはすめる笛の音をひきとどむべき言の葉ぞなき」と詠み、筝の琴を盤渉調の調べで弾いた、と書かれているところから、冬の季語とされた。

冬の日(ふゆのひ)

三冬
雪原の太陽
「冬の一日」をいう場合(時候)と、「冬の太陽」をいう場合(天文)の二つの意味がある。

冬日(ふゆひ)は冬の太陽のこと。
冬は短日というように日脚が短く、日照時間が短くなる。
太陽の光も弱々しいが、晴れた日の日向は暖かく、貴重な日差しとなる。

日本海側から東北は雪が降り、関東から西の太平洋側は晴れの日が続くことが多い。

冬日(ふゆひ)、冬日向(ふゆひなた)、冬日影(ふゆひかげ)、冬日差(ふゆひざし)
  • たまたまに鳥なく冬のひなたかな 大江丸
  • ひとり鳴くあひるに冬の日ざしかな 幸田露伴
  • 桃畠の土もおちつく冬日影 籾山梓月
  • 日の冬や砂の上なる波かたち 小杉余子
  • いつぽんの幹のさへぎる冬日なり 長谷川素逝
  • 冬の日のものぬくめゐる静けさよ 小島政二郎
  • 花びらの一片のごと冬日落つ 原コウ子

冬の朝(ふゆのあさ)

三冬
雪と陽の光
冬の朝は寒さが一番身にしみる時。
最低気温となる日の出前には氷点下になることも多く、地面には霜が降り、大気は冷え切っている。

雪国では一面の雪が広がり、その上にさらに雪が降りしきる。

寒暁(かんぎょう)は冬の寒い明け方のこと。

冬曙(ふゆあけぼの)、寒暁(かんぎょう)、冬暁(ふゆあかつき)、寒き朝(さむきあさ)
  • 寒暁の汽笛行手の海祓う 山口誓子
  • 寒の暁ツィーンツィーンと子の寝息 中村草田男
  • 冬暁けの岩に対(むか)ひて人彳(た)てり 石橋辰之助
  • 寒暁や神の一撃もて明くる 和田悟朗
  • 寒暁を覚めての息の快し 篠田悌二郎
  • 散る濤に冬暁のきざしけり 米澤吾亦紅
  • 冬暁に父来て生前より多弁 野澤節子
  • 寒暁のまぎれなき死を囲みけり 荒井正隆
スポンサーリンク

冬の暮(ふゆのくれ)

三冬
冬の夕方のこと。
日は短く早々に日が暮れ、夕闇のうちに急に冷え込んでくる。

冬の宵は日が暮れて間もないうちのことで、その時間帯を表す。

冬の夕(ゆうべ)というと、やわらかい情感も表され、寒暮(かんぼ)というと、その硬い語感から寒く厳しい感じが出る。

冬の暮(ふゆのくれ)はその時間帯とともに冬の生活感をも伴う。

冬の夕(ふゆのゆうべ)、冬の宵(ふゆのよい)、寒暮(かんぼ)
  • 巻雲の一筋冬の夕べかな 小杉余子
  • なにもゐぬ洲に汐充ちて寒暮かな 松村蒼石
  • 寒暮濃くなりて煮つまる鯛の粗(あら) 佐野まもる
  • 沢蟹の寒暮を歩きゐる故郷 飯田龍太

短日(たんじつ)

三冬
冬至のころは最も日が短く、あわただしく日が暮れる。
暖かな昼が短く、すぐに暮れてしまうことを惜しむ気持ちがこもる。

冬至は夜が最も長くなるが、「夜長」といえば冬ではなく秋の季語。これは、涼しい夜が長くなったのを喜ぶからである。

春は暖かな昼が長くなったのを喜んで「日永(ひなが)」といい、夏は涼しい夜がたちまち明けてしまうのを嘆いて「短夜(みじかよ)」という。

日短か(ひみじか)、日つまる(ひつまる)、暮早し(くれはやし)、短景(たんけい)
  • 短日やにはかに落ちし波の音 久保田万太郎
  • 枯れ果てし真菰(まこも)の水や日短か 高野素十
  • 短日の灯をともす間の筆を措く 後藤夜半
  • ちちははの齢越えて日々短しや 大野林火
  • 少しづゝ用事が残り日短 下田実花
  • 短日やたのみもかけずのむくすり 中村伸郎

冬の夜(ふゆのよ)

三冬
雪の夜
一年でも最も夜が長い冬。
冬の夜更けは「夜半の冬」、とくに寒さが厳しい冬の夜を「寒夜」という。

昔は炉やこたつを囲んで暖をとりながら過ごすことが多かった。
冬の暖房に関する季語

夜半の冬(よわのふゆ)、冬の夕(ふゆのゆうべ)、冬の暮(ふゆのくれ)、寒暮(かんぼ)、寒夜(かんや)
  • 冬の夜や哭(なく)におどろく犬の声 森鴎外
  • 冬の夜をいつも灯ともす小窓かな 高浜虚子
  • 物おちて水うつおとや夜半の冬 飯田蛇笏
  • 寒き夜の畳におきし時計かな 徳川夢聲
  • 冬の夜の捩りし反古が音立つる 野見山ひふみ
スポンサーリンク

霜夜(しもよ)

三冬
星空と枯木
晴れて寒さの厳しい夜には、地表の温度が氷点下になり、霜が降りる。
最も気温の下がる明け方には、地面や枯れ草が白く光る。

  • 我骨のふとんにさはる霜夜かな 蕪村
  • 霜満つる夜ただ楠の匂ひかな 暁台
  • 秒刻とわが心音と霜夜更く 富安風生
  • ひとつづつ霜夜の星のみがかれて 相馬遷子

冷し(つめたし)

三冬
雪と落ち葉
「寒し」は大気の温度が低いのをいうのに対し、「冷し」は冷え切った物に触れた時の、冷たいという皮膚感覚をあらわす言葉である。
「爪痛し」からきた語ともいわれる。

また、大気が冷え切っているためにひやりとした感触があることや、人の心の冷たさ、薄情さにもいう。
体感による冷たいという感じが元になっている。

底冷えは底からしんしんと冷える感じのこと。

底冷(そこびえ)
  • つめたさに箒捨けり松の下 太祇
  • 手で顔を撫づれば鼻の冷たさよ 高浜虚子
  • 谿の夜の底冷えに住む灯の窓なり 長谷川素逝
  • 坑の奥より底冷え軌条音をはこぶ 加藤楸邨
  • そこ冷の玄関に客を送りけり 久保より江
  • 冷たしや出土磁片の息ぐもり 桂樟蹊子

寒し(さむし)

三冬
手袋をはめる女性
体全体で感じる冬の低温のこと。
物に触れた時の皮膚感覚は「冷し」、目や耳で感じる低温の感覚を「冴ゆ」という。

寒き朝、寒き夜といえば冬だが、朝寒、夜寒など熟語になると秋、春寒、余寒は春になる。

寒さ、寒気(かんき)、寒威(かんい)、寒冷(かんれい)、寒苦(かんく)、寒夜(かんや)、寒暁(かんぎょう)、寒月(かんげつ)、寒江(かんこう)、寒厳(かんがん)、寒柝(かんたく)、寒翠(かんすい)、寒笛(かんてき)
  • 雪の松折口見れば尚寒し 杉風
  • 我が馬を盾にしてゆく寒さかな 其角
  • 半鐘の小一里響く寒さかな 羅蘇山人
  • もの音もあらぬ書斎の寒さかな 吉川英治
  • 水のんで湖国の寒さひろがりぬ 森澄雄

冴ゆる(さゆる)

三冬
冷たく澄み切ったさま。
寒さがより厳しくなり冷たく凍り、くっきりと透徹した感じである。

冴え(さえ)、月冴ゆる(つきさゆる)、声冴ゆる(こえさゆる)、風冴ゆる(かぜさゆる)、霜冴ゆる(しもさゆる)、鐘冴ゆる(かねさゆる)、星冴ゆる(ほしさゆる)、灯冴ゆる(ひさゆる)、影冴ゆる(かげさゆる)
  • 神杉のさえこむ影や禰宜の夢 丈草
  • 島泊り昴落ちさう冴えにけり 阿波野青畝
  • 暮れ残る豆腐屋の笛冴えざえと 中村草田男
  • 冴ゆる夜の噴煙月に追ひすがる 米谷静二
  • 冴ゆる夜の抽斗(ひきだし)に鳴る銀の鈴 小松崎爽青
  • 満月の冴えてみちびく家路あり 飯田龍太

冱つる(いつる)

三冬
凍った窓
寒気にあって凍ること。

頰凍つる、風凍つる、月凍つる、鐘凍つるなど、実際に凍っていないものでも、凍てついた感じを強調するために比喩的にも用いる。

寒さが厳しい中での快晴を凍晴(いてばれ)という。

また寒さの厳しい地方で、急な寒気の襲来で空気中の水蒸気が凍結し、霞んだように見えるのを凍曇、凍霞、凍靄という。

凍(いて)、凍つ(いつ)、凍結(とうけつ)、凍土(とうど)、凍土(いてつち)、凍港(とうこう)、凍道(いてみち)、凍窓(いてまど)、凍玻璃(いてはり)、凍光(とうこう)、頰凍つる(ほおいつる)、風凍つる(かぜいつる)、月凍つる(つきいつる)、鐘凍つる(かねいつる)、凍割るる(いてわるる)、凍つく(いてつく)、凍晴(いてばれ)、凍空(いてぞら)、凍雲(いてぐも)、凍曇(いてぐもり)、凍霞(いてがすみ)、凍靄(いてもや)、凍む(しむ)
  • 庭草のよごれしままに風の凍 白雄
  • 地球凍てぬ月光之を照しけり 高浜虚子
  • 墓沍ててとほき甍(いらか)とひかりあふ 大野林火
  • 夕凍てのにはかにおもひ浮ぶこと 飯田龍太
  • 折鶴のごとくに葱の凍てたるよ 加倉井秋を
  • 星冱てて人のこころに溺れけり 松村蒼石

三寒四温(さんかんしおん)

三冬
臘梅の花
三日ほど寒い日が続き、その後四日ほど暖かい日が続くこと。
もともとは朝鮮半島や中国北東部に多く見られる現象で、第二次世界大戦前に広まった言葉である。

現在では天気予報や時候の挨拶でも用いられるようになった。

三寒(さんかん)、四温(しおん)、四温日和(しおんびより)
  • 降りいでし四温の雨や竹騒ぐ 石川桂郎
  • だらしなく酔ひて四温の帽子かな 草間時彦
  • 三寒のなくて四温の十姉妹 鷹羽狩行
  • てのひらに四温の雨や能のあと 宇佐美魚目
  • 雉鳩に四温の雨のやはらかし 新井佳津子
この記事を書いた人
こよみ

このサイトではテーマごとに季語を集め、画像とともに一目でわかりやすいようにまとめました。季語の持つ多彩な魅力をぜひお楽しみください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました