2月(如月、梅見月)の時候の挨拶

カレンダー2月
二月に手紙などの挨拶文に使える、時候の挨拶をまとめました。

寒さも厳しさを極める二月ですが、自然界では梅が咲くなど、そろそろ春の兆しが見え始める頃でもあります。

大切な人へ安否を尋ねる便りを出す時など、手紙や改まったメールを書く時には、拝啓などの頭語の後に時候の挨拶が続きます。

その日の気候や気分にあった言葉を選んで、手紙を書く際の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

二月の時候の挨拶

シンプルに

筆ペンと手紙

  • 余寒の候(折、みぎり)…余寒とは、立春後の寒さのこと
  • 晩冬の候(折、みぎり)
  • 向春の候(折、みぎり)
  • 残寒の候(折、みぎり)
  • 梅花の候(折、みぎり)

まだまだ寒い

猫とストーブ

  • 余寒厳しいこのごろ
  • 余寒なおきびしき折から
  • 残寒なお肌をさす毎日
  • 立春とは名ばかりで、いつまでも寒い日が続き
  • 立春とは名ばかりの寒さが続きます
  • 立春とは申しますものの
  • 暦の上では春が立ちましたが
  • 春まだ浅く
  • 春とは名のみで
  • 節分も過ぎたというのに、吹く風は依然冷たく
  • 思わぬ大雪に春が遠のく思いがします
  • いよいよ受験シーズンとなりました

気温に春の気配を感じたら

木の新芽

  • 昨今ようやく寒さがゆるみ
  • 寒気もようやくゆるみはじめ
  • 寒さのなかにも春の足音が聞こえるようで
  • 節分も過ぎ、春の気配が感じられるようになってきました
  • 春の足音を聞く思い
  • なんとなく春の気配の感じられるこのごろ
  • 春はすぐそこまで

日差しに春の気配を感じたら

和室の日差し

  • 陽光にも明るさが
  • 日差しにも春の息吹を感じ
  • 少しずつ日脚が伸びはじめ
  • 立春の声を聞くと、日の光にも春の気配が感じられます

梅の花、水仙について

紅梅のつぼみ

  • 梅のつぼみもまだかたく
  • 梅のつぼみがふくらみかけ
  • 庭の梅のつぼみもほころびはじめ
  • ちらほらと梅見の便り
  • 梅の開花便りが聞こえはじめ、春が待ち遠しい頃となりました
  • 早咲きの水仙に春の香気が感じられ
  • あたりがほのかに色めいて
  • 庭の草花も心なしか色づきはじめたようで

いよいよ春の到来

沈丁花

  • 春一番が吹いて
  • 沈丁花の香りが漂って
  • 鶯の声が聞かれるころ(暖地)
  • 桃の節句が近づきましたのにまだ寒さが残り

結び

スノードロップと雪

  • まだまだ寒さが続きます。お体を大切になさってください
  • 季節の変わり目です。どうぞお大事になさってください。
  • 春ももう間近です。暖かくなったら、こちらへお出かけください。

手紙の構成について

手紙文の構成についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク