3月(弥生、花見月)の時候の挨拶

ノートとラナンキュラス
三月に手紙などの挨拶文に使える、時候の挨拶をまとめました。

暦の上では春を迎えたとはいえ、まだまだ寒かった二月を過ぎ三月に入ると、自然界でも続々と春の花たちが咲きはじめ、いよいよ春の到来を感じるようになります。

暑さ寒さも彼岸までといわれるように、3月20日または21日に春分の日を迎えると、冷え込むこともあまりなくなり春本番となります。

また卒業や引越しなど、人生の節目を迎える方々も多い月ですね。

今回は三月頃に使える挨拶の言葉を集めました。

大切な人へ安否を尋ねる便りを出す時など、手紙や改まったメールを書く時にぜひご参考になさってください。

その日の気候や気分にあった言葉を選んで、手紙に彩りを添えてみてくださいね。

スポンサーリンク

三月の時候の挨拶

シンプルに

  • 早春の候(折・みぎり)
  • 浅春の候(折・みぎり)
  • 春寒の候(折・みぎり)
  • 春陽の候(折・みぎり)
  • 春暖の候(折・みぎり)…四月にも使われることがあります

春まだ浅い頃

スノーフレーク

  • 春まだ浅い今日このごろ
  • 朝夕はまだ寒く
  • 北国にも明るい空が見えはじめ
  • 花の季節もすぐそこに

寒さが緩んできたら

ミモザアカシア

  • だいぶ春めいて
  • 寒さがめっきり薄れたようで
  • 暑さ寒さも彼岸までと申しますが(春のお彼岸は3月20日または21日です、2018年は3月21日)

いよいよ春到来

紅梅、藤牡丹枝垂

  • いよいよ春を迎えまして
  • 春色のなごやかな季節
  • ようやく春めいてまいりました
  • 待ちに待った春到来です

春の景色

木々の芽吹き

  • あたり一面春の香気が立ちこめて
  • 山も緑にもえはじめ
  • 野にはひばりのさえずりが

春の日差しを感じたら

枝垂れ梅

  • 日差しがやわらかく春めいて
  • 日差しにも春のぬくもりを感じ

春の雨に関して

ハクモクレンに雨

  • ひと雨ごとに暖かくなり
  • ひと雨ごとの暖かさに花の便りも聞かれ

桃、桃の節句に関して

つるし雛

  • 桃の三月
  • 桃の花咲く季節となりました
  • 桃の花がよい匂いを漂わせ
  • 桃の節句が過ぎいよいよ春らしく
  • お雛祭りも過ぎて

桜に関して

桜の花とつぼみ

  • 桜のつぼみがほころびはじめたようで
  • 桜前線の北上が話題となる頃

結び

  • 春の風邪にお気をつけください
  • 季節の変わり目です。どうぞご自愛ください
  • お彼岸とはいえ、まだ肌寒い日がございます。お体大切になさってください(春のお彼岸は3月20日または21日、2018年は3月21日)

手紙の構成について

手紙文の構成についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク