10月(神無月、時雨月)の時候の挨拶・文例集

カボチャと赤い実
十月に手紙などの挨拶文に使える、時候の挨拶の文例をまとめました。

日に日に秋が深まるのを感じる仲秋。

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋など、さまざまなものを存分に楽しみたい季節です。

今回は十月頃に使える挨拶の言葉を集めました。
手紙や改まったメールを書く時にぜひご参考になさってください。

その日の気候や気分にあった言葉を選んで、適宜アレンジして手紙に彩りを添えてみてくださいね。

スポンサーリンク

十月の時候の挨拶

シンプルに

光るススキの穂

  • 秋冷の候(折・みぎり)
  • 仲秋の候(折・みぎり)
  • 清秋の候(折・みぎり)
  • 錦秋の候(折・みぎり)
  • 秋容の候(折・みぎり)

さわやかな秋、秋の空

青空とキバナコスモス

  • 気持よい秋日和
  • 秋晴れのさわやかな季節です
  • 秋冷爽快な季節
  • 秋たけなわの季節
  • 天高く馬肥ゆる秋
  • 空には鰯雲が広がり
  • ずいぶんと日が短くなり

秋雨

窓の雨

  • 秋雨がしとしと降り続き
  • 軒を打つ時雨の音もわびしく

紅葉始め

黄葉

  • 街路樹も色づき始め
  • 木の葉も色づき始めて
  • 紅葉の便りが聞こえるようになり
  • 実りの秋、山々も色づき始めました
  • 銀杏の葉が黄金色になり
  • 山野が紅葉を始め

実りの秋

栗

  • 豊かな実りの秋を迎え
  • 店頭をいろどる秋の果実に
  • 新米が出まわるようになり
  • 栗、秋刀魚、松茸など実りの秋を迎え

秋の花、植物

キンモクセイ

  • 金木犀が香り高い花を咲かせ
  • 菊薫る季節となり
  • 野菊の花が咲き乱れて
  • ススキの白い穂が風にそよぎ

物思いの秋

コーヒー、夜

  • 秋の夜長の物思い
  • 秋は思い出の季節とか
  • 静かに更けゆく秋の夜長に

虫の音

  • 虫の声に深まる秋を感じる今日このごろ
  • 虫たちの声も消え入るようなこのごろ

風物詩など

本、落ち葉、コーヒー

  • 読書の秋
  • 秋晴れのもと運動会の歓声が聞こえ
  • 行楽シーズン真っ盛りです

結び例文

便箋と封筒とペン

  • 日毎に肌寒くなってまいりました。どうぞお体大切になさってください
  • 秋の夜風はお体にさわります。お風邪など召されませんようにご自愛ください。
  • 深まりゆく秋の日々、どうぞお健やかにお過ごしください

手紙の構成について

手紙文の構成についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク