12月(師走・極月)の時候の挨拶

12月のカレンダー
手紙を書く時の時候の挨拶の文例、今回は十二月です。

拝啓などの頭語のあとにつづく時候の挨拶ですが、年末を控えお歳暮の時期ということもあり、いつもより書状を書く機会も多いのではないでしょうか。

その日の気候や気分にあった言葉を選んで、手紙に彩りを添えてみてはいかがでしょう。

手紙や改まったメールを書く時に、ぜひご参考になさってください。

スポンサーリンク

十二月の時候の挨拶

シンプルに

  • 師走の候
  • 師走の折
  • 師走のみぎり
  • 初冬の候
  • 歳晩の候
  • 寒冷の候
  • 歳冬の候
  • 向寒のみぎり

厳しい寒さに関する言葉

雪の木立

  • 師走に入り、めっきり寒くなり
  • 凍てつく寒さが続きます
  • いよいよ冬将軍の到来ですが
  • 寒気がことのほか身にしみて
  • 寒さも一段ときびしくなり
  • 厳しい寒さが身に沁みます

寒風に関する言葉

枯葉と枝

  • 木枯らしの季節となり
  • 大雪を過ぎ木枯らし寒きこのごろ
  • 寒風吹きすさぶ今日この頃

冬の気候に関する言葉

長く伸びた木の影

  • いよいよ日脚が短くなり
  • 弱々しい冬日が斜めにさして
  • 寒々とした冬景色
  • 初雪の便りがとどき
  • 年の暮れとは思えない暖かさで

氷、霜柱に関する言葉

凍った水たまり

  • 今朝は初霜が降り
  • 今朝真っ白な霜柱が立ちました
  • 朝日に光る霜柱
  • 水たまりにも氷が張り
  • 朝には水たまりにも氷が張り

十二月ならではの言葉

イルミネーションの街

  • いよいよ師走を迎えて
  • カレンダーが残り一枚となり
  • クリスマスツリーが街を華やかに彩り
  • クリスマスは家族とともに

年末に関する言葉

花のクリスマスツリー

  • 年の瀬も迫り
  • いよいよ本年も押し詰まり
  • 年の瀬も押しつまり
  • 今年も残り少なくなりました
  • 今年も残すところわずかになりました

何かと忙しい年末に関する言葉

  • 年末の心せわしさに
  • 心せわしい年の暮れを迎え
  • 迎春のしたくにお忙しいことと
  • 迎春の準備に忙しく
  • 新しい年の準備にお忙しいことでしょう
  • 歳末ご多用の折
  • 御用納めを前に、何かと気ぜわしいこの頃

手紙の構成について

便箋と封筒とペン
手紙の書き方については、手紙文の構成をご参考になさってください。

スポンサーリンク