春の曇り、曇天の季語

桜の花、曇天
「春に三日の晴れなし」と言われるように、春は高気圧と低気圧が交互にやってくるので、天気も変わりやすく、低気圧がゆっくりと通過する際には曇り空が続きます。

同じ曇り空でも、春の曇天はどんよりと暖かく、どこか気だるいような感じを伴います。

今回は春の曇り空に関する季語を集めました。
これらの季語でぜひ一句詠んでみてくださいね。

その他の春の季語はこちら
春の季語一覧
スポンサーリンク

天文

春陰(しゅんいん)

三春
木、曇天
曇りがちな春の天候のこと。
花曇(はなぐもり)よりも、花のイメージが伴わない分、暗い語感がある。

春陰や干飯白き道明寺 青木月斗
映画館出て春陰の影に遇ふ 西島麦南
春陰や眠る田螺の一ゆるぎ 原石鼎

花曇(はなぐもり)

晩春
皇居内堀の桜
桜の咲く頃の曇り空。

「花の雲(はなのくも…の傍題)」は、咲き連なる桜の花を雲にたとえたもので、雲や曇り空のことではありません。
養花天(ようかてん)

花曇り朧につづく夕べかな 蕪村
咲満る花に淋しき曇り哉 正岡子規
夜に入れば月明かや花曇 高浜虚子
豆と昆布鍋にむつめり花曇り 長谷川かな女
花曇小雀(こがら)の嘴(はし)の苔一片 島村元

鳥曇(とりぐもり)

仲春
コクガンの群れ
秋から冬にかけて日本に渡ってきた冬鳥が、暖かくなり北方へ帰ってゆくころの曇り空。
雁(マガン、ヒシクイ、サカツラガンなど)、鴨(マガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモなど)、鶫(ツグミ)など種類はさまざま。

そのころの風を鳥風ともいう。

鳥雲(とりくも)、鳥風(とりかぜ)

また職をさがさねばならず鳥ぐもり 安住敦
鳥曇椋鳥(むくどり)たちは地を啄(つつ)く 瀧春一
わがえにし北に多くて鳥曇 八木沢高原
妻にもらふ日々の小づかひ鳥曇 金森柑子

スポンサーリンク

鰊曇(にしんぐもり)

晩春
ニシン漁
北海道の日本海側で鰊の漁が行われる三月から五月ころの曇天のこと。

鰊空(にしんぞら)

漁あらば鰊曇といふべきか 森田峠
鰊ぐもり濤の暗さを負ひ戻る 大竹芳

土曇り(つちぐもり)、霾晦(よなぐもり)

三春
都市部の黄砂
霾(つちふる)の傍題。
黄砂で曇った空のこと。

この記事を書いた人
こよみ

このサイトではテーマごとに季語を集め、画像とともに一目でわかりやすいようにまとめました。季語の持つ多彩な魅力をぜひお楽しみください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました