桜の季語・植物

一本桜
俳句で花といえば桜を意味するように、日本人はことのほか桜を春の喜びとともに愛でてきました。
毎年テレビでは桜前線の状況を逐一放送し、人々はお花見を楽しみます。

一斉に開花し世界を桜色に染め、あっという間にはらはらと散ってしまう潔さが、日本人の美意識に合っていたこともあり、桜は日本人の精神風土に深く根付いてきました。

桜は日本の農耕文化と深い関係があります。
昔、桜は田の神の出現とされ、桜の花によってその年の豊凶を占っていました。
そして桜の花を神格化したのが木花咲耶姫といわれています。

春の花、夏の時鳥、秋の月、冬の雪が四季を代表するものとされ、また連俳では花の定座、月の定座が定められています。

日本人の心に深く根付き、古くより文化にまで高められてきた桜。

卒業、入学などの時期と重なることもあり、学校にも多く植えられています。
人生の節目の思い出になっている方も多いのではないでしょうか。

そんな桜に関する季語を、二回に分けてお送りします。俳句を詠む際にぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

植物

初花(はつはな)

仲春
河津桜
その年の春に、初めて咲く桜の花のこと。
長く待ってやっと会えた喜びの大きい言葉である。

初桜(はつざくら)
  • 旅人の鼻まだ寒し初ざくら 蕪村
  • わき道の夜半や明くる初桜 千代女
  • 袖たけの初花桜咲きにけり 一茶

彼岸桜(ひがんざくら)

仲春

歓喜寺の江戸彼岸桜

歓喜寺の江戸彼岸桜

染井吉野よりも早く、彼岸の頃(三月二十一日ころ)に花を咲かせる。
花は淡い紅色で、小さめの一重咲きである。

姥彼岸(うばひがん)、東彼岸(あずまひがん)、立彼岸(たちひがん)
  • 谷々に彼岸ざくらの枯木灘 角川源義

枝垂桜(しだれざくら)

仲春

玉蔵院のしだれ桜

玉蔵院のしだれ桜

糸桜ともいわれ、一重の淡紅色の桜。
細い枝が糸のように垂れ下がり、満開時には花の滝のようになる。

糸桜(いとざくら)、しだり桜、枝垂彼岸(しだれひがん)、紅枝垂(べにしだれ)
  • ゆき暮れて雨もる宿やいとざくら 蕪村

晩春
桜と青空
古来より日本人に特別愛でられ、花といえば桜のことをさし、国花ともされている。

昔、桜は田の神の出現とされ、桜の花によってその年の豊凶を占っていた。
桜の花を神格化したのが木花咲耶姫といわれる。

四季を代表するもの(春の花、夏の時鳥、秋の月、冬の雪)のひとつ。
また連俳では花の定座、月の定座が定められているように、まさに桜は花の王である。

品種もさまざまなものがある。

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

在原業平 古今集 巻一

見る人もなき山里の桜花ほかの散りなむのちぞ咲かまし

伊勢 古今集 巻一

たれこめて春の行方もわかぬまに待ちし桜も移ろひにけり

藤原因香(よるか) 古今集 巻二

  • 品種…染井吉野(そめいよしの)、深山桜(みやまざくら)、大島桜(おおしまざくら)、大山桜(おおやまざくら)、牡丹桜(ぼたんざくら)、里桜(さとざくら)、茶碗桜(ちゃわんざくら)、南殿(なでん)、丁子桜(ちょうじざくら)、目白桜(めじろざくら)、豆桜(まめざくら)、富士桜(ふじざくら)、ははか、上溝桜(うわみずざくら)、金剛桜(こんごうざくら)、犬桜(いぬざくら)、しおり桜(しおりざくら)、左近の桜(さこんのさくら)、雲珠桜(うずざくら)、楊貴妃桜(ようきひざくら)、秋色桜(しゅうしきざくら)
  • 朝桜(あさざくら)、夕桜(ゆうざくら)、夜桜(よざくら)、桜月夜(さくらづきよ)
  • 嶺桜(みねざくら)、庭桜(にわざくら)、家桜(いえざくら)
  • 若桜(わかざくら)、姥桜(うばざくら)、桜の園(さくらのその)
  • さまざまの事思ひ出す桜かな 芭蕉
  • 明星や桜定めぬ山かづら 其角
  • 夕桜城の石垣裾濃なる 中村草田男
  • 一本の桜大樹を庭の心 松本たかし
  • この土やさくら咲く国わが住む国 細木芒角星

晩春
桜の花
春の花の代表として、花といえば桜をさすが、ただ「花」といった場合は桜という種名を超えて、豊かで華やかなイメージを持つ。
「花といへるは賞翫の惣名、桜は只一色の上也(宇陀法師)」

昔は山の桜の咲く様子で、その年の稲の実り具合を占い、花が早く散るのは悪い予兆とされた。
花といえば、華やかさをイメージするが、同時にはかなさやもろさ、不安の象徴でもあった。

ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ

紀友則 古今集 巻二

願はくは花のもとにて春死なむそのきさらぎの望月のころ

西行法師 続古今集 巻十七

春の花、春花(はるばな)、花の雲、花房(はなぶさ)、花片(はなびら)、花の姿、花の香、花の輪、花の友、花の主(はなのあるじ)、花笠(はながさ)、花の庭、花の門、花の都、花明り、花盛り、花便り、花の露、花朧(はなおぼろ)、花の陰(はなのかげ)、花の奥、花の名残、花を惜しむ、花埃(はなぼこり)、花の錦、花の色、花の粧(はなのよそおい)
  • 辻駕籠(つじかご)や雲に乗り行く花のやま 西鶴
  • しばらくは花の上なる月夜かな 芭蕉
  • 花の香や嵯峨のともしび消ゆる時 蕪村
  • 雀来て障子にうごく花の影 夏目漱石
  • 今生の今日の花とぞ仰ぐなる 石塚友二

山桜(やまざくら)

晩春
山桜
関東以西に多く自生する、桜の品種の一つ。
赤みがかった若葉と同時に花が咲く。

吉野山の山桜が有名である。

吉野桜(よしのざくら)
  • 見返れば寒し日暮れの山桜 来山
  • 山桜白きが上の月夜かな 臼田亜浪
  • 山桜雪嶺天に声もなし 水原秋桜子

八重桜(やえざくら)

晩春
八重桜
桜の中では最も遅く開花する桜で、葉とともに大きめで八重咲きの紅色の花が咲く。
花は塩漬けにして桜湯に用いる。

開花時期が遅い八重桜が咲く頃は、気温も暖かく安定してくるので、草花の種まきの目安ともなっている。

奈良の八重桜
  • 八重桜日輪すこしあつきかな 山口誓子
  • 満ち足らふことは美し八重桜 富安風生

遅桜(おそざくら)

晩春
仁和寺の御室桜
春の盛りを過ぎて、大方の花が散った後に遅れて咲く桜のこと。

  • 風邪声の下り居の君や遅桜 蕪村
  • ほつかりと咲きしづまりぬおそ桜 暁台

落花(らっか)

晩春

三春滝桜が散る様子

三春滝桜

桜の花が散ること。
昔から桜の花は散り際の潔さ、美しさが賞美されてきた。

散る桜、花吹雪(はなふぶき)、桜吹雪(さくらふぶき)、飛花(ひか)、花散る、花屑(はなくず)、花の塵(はなのちり)、花筏(はないかだ)
  • 花散りてまた閑かなり園城寺 鬼貫
  • 四方より花吹き入れて鳰の海 芭蕉(鳰…にお、かいつぶり)
  • 静かさや散るにすれ合ふ花の音 樗良
  • てのひらに落花とまらぬ月夜かな 渡辺水巴
  • 風吹いて落花の水の割れにけり 加倉井秋を
  • 夫婦とて死は別別に花吹雪 山畑禄郎

残花(ざんか)

晩春
桜と若葉
春も末の頃になっても残っている桜の花。
ほとんど散ってしまって葉も出ている桜の木に、少しだけ咲き残っている花がある。

残る花、名残の花(なごりのはな)、残る桜
  • 毎日のかなしき日記残る花 山口青邨
  • 人を見ぬ残花や山河くすくすと 永田耕衣

桜蘂降る(さくらしべふる)

晩春

桜のしべ

花びらが散った後の桜。
この後、赤く細いしべが落ちる。

桜の花びらが散った後、萼についている細い蘂が降る。
地面に紅色の蘂がたくさん散り敷いているのが見られる。

  • 札所ひま桜蘂ふるばかりなり 宮下翠舟
  • 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸
スポンサーリンク