3月の季語|仲春、三月の時候の季語

二十四節気-仲春

仲春は、春の三ヶ月を初春、仲春、晩春と分けたときの真ん中の一ヶ月で、ほぼ三月にあたります。

二十四節気では啓蟄、春分の期間(三月六日頃から四月四日頃)になります。

今回は春の時候の季語のなかでも、仲春に分類される季語を集めました。

時候の季語は特定の映像を持たないので、画像は必ずしも季語そのものを表すものではありません。

初春、二月の時候の季語晩春、四月の時候の季語三春の時候の季語

その他の春の季語はこちら
春の季語一覧
スポンサーリンク

時候

仲春(ちゅうしゅん)

仲春春の野のつくし

春を三分して初春、仲春、晩春とするが、ちょうど春半ばの意味となる。
二十四節気でいう啓蟄(けいちつ)と春分の期間で、三月六日ごろから、四月四日ごろにあたる。

春なかば、春さ中(はるさなか)
  • 仲春や庭の撩乱古机 松根東洋城
  • 春なかば愁は松を仰ぎても 牧瀬蟬之助

三月(さんがつ)

仲春三月のカレンダー

暖かくなったり寒さが戻ったりを繰り返しながら、日毎に本格的な春に向かうとき。
三月三日には雛祭(ひなまつり)が行われ、彼岸を迎えると、各地からさまざまな花便りが届くようになる。時に寒が戻り雪が降ることもあり、気候的には不安定な時期である。

この頃に使われることの多い三寒四温は、もとは中国の冬の気候を表す言葉で、冬の季語となっています。
  • 三月や清水寺の滝まうで 信徳
  • 三月や冬の景色の桑一木 丈草
  • 三月や大竹原の風曇り 芥川龍之介
  • 萌いろの絵の三月の暦かな 皆川白陀
  • 大ゆれに三月をよぶ竹の梢 菊地一雄
  • 双眸(そうぼう)にあり三月の空の色 武田知子

如月(きさらぎ)

仲春

陰暦二月の異称で、陽暦のほぼ三月にあたる。
まだ寒さが厳しくさらに衣を重ねて着ることから、衣更着が由来とされている。

願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ

西行 山家集

衣更着(きさらぎ)、きぬさらぎ、梅見月(うめみづき)、小草生月(おぐさおいづき)、初花月(はつはなづき)、梅つさ月(うめつさづき)、雪解月(ゆきげづき)、雪消月(ゆきげづき)
  • 如月やうすむらさきの蜆殻 増田龍雨
  • きさらぎの藪にひゞける早瀬かな 日野草城
  • 如月の梅林といふ停留所 清崎敏郞
  • きさらぎや喪の家を出る一人づつ 桜井博道
  • きさらぎの一夜で濡るる桐の幹 沼尻玲子
スポンサーリンク

啓蟄(けいちつ)

仲春冬眠明けの雨蛙

二十四節気の一つで、雨水の後十五日、三月六日ころにあたる。
土の中で冬眠していた虫や蛙などが、穴から出てくるという意味である。

このころに初雷がとどろき、土中の虫を目覚めさせるというので「虫出しの雷」「蟄雷」という。

驚蟄(けいちつ)
  • 啓蟄のつちくれ躍り掃かれけり 吉岡禅寺洞
  • 啓蟄や生きとし生きるものに影 斎藤空華
  • 水あふれゐて啓蟄の最上川 森澄雄
  • 啓蟄の蜘蛛また一つはしりけり 五十嵐播水
  • 啓蟄の夜行列車の暗く長く 石原透

鷹化して鳩と為る(たかかしてはととなる)

仲春

オオタカ

大鷹

中国古代の七十二候の一つで、啓蟄の第三候、三月十六日から二十日ころにあたる。
春の穏やかな陽気で、鷹は鳩に変身してしまうという空想による。

  • 新鳩よ鷹気を出して憎まれな 一茶
  • 鷹鳩に化して青天濁りけり 松根東洋城
  • 鷹鳩と化し神木は歩かれず 鷹羽狩行

龍天に登る(りゅうてんにのぼる)

仲春雲海と光芒

龍は中国で神聖視された想像上の生物で、四瑞(しずい)…麟(りん)・鳳(ほう)・亀(き)・龍(りゅう)の一つ。

中国の「説文解字」に、龍は「春分にして天に登り、秋分にして淵に潜む」とある。

(秋の季語「龍淵に潜む」)

万物が生動する春に天に登るという、壮大な想像による言葉である。

  • 龍天に黄帝の御衣(おんぞ)翻へる 石井露月
  • 龍天に登ると見えて沖暗し 伊藤松宇
  • 龍天に登る古墨に重さなし 福田甲子雄
スポンサーリンク

初朔日(はつついたち)

仲春

陰暦二月一日のことで、小正月(一月十五日)以後初めての朔日という意味である。
正月元日が新年となってからは、これを次郎の朔日とした。

太郎の朔日(たろうのついたち)、次郎の朔日(じろうのついたち)
  • テレビ視る初朔日の核家族 久永芦秋
  • 初朔日祖母が手馴れの鉄漿(かね)茶碗 呉地ぬい
  • 舟止めの慣はし今も初朔日 川上翠光

春分(しゅんぶん)

仲春春分-太陽黄経

二十四節気の一つで、三月二十一日ころ。
太陽が春分点を通過する時で、昼と夜の長さがほぼ等しくなる。

彼岸の中日にあたる。
この日から昼間の時間が長くなってゆく。

中日(ちゅうにち)、時正(じしょう)
  • 春分のおどけ雀と目覚めけり 星野麦丘人
  • 春分の滑り台より眼鏡の子 桜井博道
  • 顔泛(う)けるごと春分の京にをり 岡井省二
  • 春分や手を吸ひにくる鯉の口 宇佐美魚目

彼岸(ひがん)

仲春牡丹餅

春分の日を中日として、前後三日ずつ七日間を彼岸という。
彼岸の法要がおこなわれる。

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、過ごしやすく快適な気候を迎える。

単に「彼岸」といえば春の彼岸のことで、秋分の日を中日とした彼岸は「秋彼岸」といいます。
中日(ちゅうにち)、彼岸中日(ひがんちゅうにち)、万燈日(まんどうび)、彼岸会(ひがんえ)、彼岸参(ひがんまいり)、彼岸太郎(ひがんたろう)、入り彼岸(いりひがん)、さき彼岸、初手彼岸(そてひがん)、終い彼岸(しまいひがん)、彼岸ばらい、彼岸団子(ひがんだんご)、彼岸寺(ひがんでら)、彼岸講(ひがんこう)、彼岸前(ひがんまえ)、彼岸過(ひがんすぎ)、彼岸舟(ひがんぶね)、彼岸道(ひがんみち)、彼岸姿(ひがんすがた)
  • 何迷ふ彼岸の入り日人だかり 鬼貫
  • 曇りしが降らで彼岸の夕日影 其角
  • 山寺の扉に雲遊ぶ彼岸かな 飯田蛇笏
  • 月日過ぎただ何となく彼岸過ぎ 富安風生
  • お彼岸や音羽の滝のにぎやかに 山口誓子
  • 山の端に宝珠のまるき彼岸かな 阿波野青畝
  • 人界のともしび赤き彼岸かな 相馬遷子
スポンサーリンク

春社(しゅんしゃ)

仲春

春分に最も近い前後の戊(つちのえ)の日。
土の神を祭って五穀の種子を供え、その成長と豊作を祈願する。

社日(しゃにち)、社日様(しゃにちさま)、社日詣(しゃにちもうで)、社翁の雨(しゃおうのあめ)、社燕(しゃえん)
  • 鳶ついと社日の肴領しけり 嘯山
  • 村口の土橋の雨も社日かな 松根東洋城
  • 社日詣の婆らに入りてやや若し 横山左知子
  • 竹林に社日の雨の音もなし 古谷実喜夫

三月尽(さんがつじん)

仲春三月のカレンダー

三月が終わること。

三月終る(さんがつおわる)、三月尽く(さんがつつく)
  • 三月尽校塔松と空ざまに 石田波郷
  • 竹鳴らす三月尽の海の風 原けんじ
  • 地玉子の潰れやすさよ三月尽 南ひさ子
この記事を書いた人
こよみ

このサイトではテーマごとに季語を集め、画像とともに一目でわかりやすいようにまとめました。季語の持つ多彩な魅力をぜひお楽しみください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました