春の鳥の季語・鳥の種類

カワラヒワと桜
春になり暖かくなると木々も一斉に芽吹き、草も伸び、鳥たちも活発に動き出します。

餌が少ない冬を乗り切り、多くの鳥たちは繁殖期を迎え、巣作り、子育てなど大忙しになります。

また秋冬に日本に渡って来て越冬した渡り鳥たちは、ふたたび北方へ帰ってゆく準備をします。

冬の間に病気やケガやなんらかの理由で渡りをあきらめ、日本に残る鳥もいます。

昔から日本人はそれぞれの鳥たちの行動に心情を重ね、歌に詠んできました。

春の日に鳥を見つけたら、ちょっと立ち止まり俳句を作ってみませんか。
今回は、春の鳥の季語を、鳥の種類別に集めてみました。

スポンサーリンク

春の鳥一般

春の鳥

三春
春に見かける鳥のこと。

植物は芽吹き、花が咲き虫たちも集うようになると、鳥たちも活発に動き回る。
花の蜜を吸うもの、虫を餌とするもの、草の種を食べるものなど様々である。

多くの種は繁殖期にあたり、さえずりなど鳴き声にも変化がある。

春禽(しゅんきん)
  • 消えてゆく雲をうたへり春の鳥 小野蕪子
  • 噴煙の柱をめぐる春の鷹 野見山朱鳥
  • わが墓を止り木とせよ春の鳥 中村苑子

貌鳥(かおどり)

三春
古くから和歌や源氏物語、万葉集でも使われた言葉で、美しい春の鳥のことといわれているが、どの鳥を指すのかは諸説ありはっきりしていない。

一説にはカッコウではないかとも言われている。

貌よ鳥(かおよどり)、容鳥(かおどり)、杲鳥(はこどり)
  • 箱鳥や明けはなれ行く二子山 曾良
  • 生きてゐる証貌鳥来ては翔つ 鈴木飛鳥女

花鳥(はなどり)

三春
花、桜に来る鳥。または、花と鳥という組み合わせを意味する言葉。
(ハナドリという鳥もいるが、特にその種をさすわけではない。)

  • 蝙蝠(こうもり)も出でよ浮世の華に鳥 芭蕉
  • 花鳥に何うばはれてこのうつつ 鬼貫

呼子鳥(よぶこどり)

晩春
春の鳥とされるが、どの鳥を指すのかは不明となっている。
カッコウ、筒鳥、鶯、ホトトギスなど様々な説がある。

喚子鳥(よぶこどり)
  • むつかしや猿にしておけ呼子鳥 其角
  • さく花に拙きわれを呼子鳥 一茶

百千鳥(ももちどり)

三春
春にいろいろな鳥が、野山や森で鳴いている様子。

昔から呼子鳥、稲負鳥(いなおおせどり)とともに、「古今集の三鳥」といわれる。

  • 川上は柳か梅か百千鳥 其角
  • 百千鳥都は別の日和哉 尚白
  • 百千鳥とおもふ瞼を閉ぢしまま 川崎展宏

鳥の種類

鶯(うぐいす)

三春
春のウグイス
ホーホケキョと美しい声で鳴くことで知られる、ウグイス科の小鳥。
緑がかった褐色の地味な色をしているが、その鳴き声、さえずりを愛でられてきた。

梅に鶯という言葉があるように、春のさきがけとされる。

笹や藪のある林に生息し、藪の中を二足飛びで茎から茎へと小刻みに移っていく。
さえずる時は藪の上に出てくる。

鶯の初音(はつね)、鶯の谷渡り、初鶯、飼鶯(かいうぐいす)、春告鳥・報春鳥(はるつげどり)、経読鳥(きょうよみどり)、禁鳥(とどめどり)、匂鳥(においどり)、黄粉鳥(きなこどり)、花見鳥(はなみどり)、歌詠鳥(うたよみどり)、人来鳥(ひとくどり)、黄鳥(きちょう…高麗ウグイス)、流鴬(りゅうおう)
  • 鶯や茶の木畠の朝月夜 丈草
  • 鶯や物の紛れに夕鳴す 暁台
  • 鶯や焙じ(ほうじ)茶匂ふ朝の雨 武田鶯塘
  • 鶯に名園雪を敷きにけり 橋本鶏二

菊戴(きくいただき)

三春
キクイタダキ
早春に平地に降りて来る、日本最小のウグイス科の鳥。
灰黄緑色の体に翼は黒く白条がある。
頭部が黄色で、菊の花に似ているのでこの名がついた。

樹上性で二足飛びでこまかく枝移りをする。
空中を螺旋を描くように飛び、木の葉の前などでホバリングする。
針葉樹林、松林や杉林に現れる。

松の葉をついばむので、まつむしりとも呼ばれた。
チツクチツク、ツーチビチーなどさえずる。

松毟鳥(まつむしり)
  • 飛でまたみどりに入るや松むしり 惟然
  • 菊いたゞき松にほふ雨に渡りけり 吉田冬葉

雉(きじ)

三春

雉のホロ打ち

雉のホロ打ち

キジ科の鳥で、日本の国鳥となっている。

雄は濃い緑色の体で、目の周りは赤く、尾が長い。
肉は食用とされ狩猟の対象である。

繁殖期になると、雄はケーンケーンと鳴き、「ホロ打ち」と呼ばれる、ドドドドドと羽を胸に打ち付ける音を出す。雌はチョンチョンと鳴いて応える。

きぎす、きぎし、雉のほろろ、すがね鳥(すがねどり)
  • 子を思ふ雉子は涙のほろろかな 貞徳
  • 父母のしきりに恋ひし雉子の声 芭蕉
  • 大原や雉子なくあとの小糠雨 巌谷小波
  • 雉子啼くや月の輪のごと高嶺雪 前田普羅

山鳥(やまどり)

三春

ヤマドリ(国立科学博物館の展示)

ヤマドリ(国立科学博物館の展示)

キジ科の鳥。雉よりも大きめで、雄は赤銅色の光沢のある羽毛に覆われ、尾羽が長い。

低山から亜高山帯の山の斜面や渓流に生息する。
繁殖期に雄はホロ打ちと呼ばれる、ドロドロドロという大きな羽音をたてる。

  • 山鳥の羽音つつぬけ桑畑 皆川盤水
  • 雪原を来てやまどりの尾をひらふ 那須乙郎
  • 辰雄の地山鳥の羽ちらばれり 土屋未知

小綬鶏(こじゅけい)

三春
コジュケイ
中国原産のキジ科の鳥で、「チョットコイ、チョットコイ」と聞きなしされる鳴き声が特徴。

うずらを一回り大きくしたような形で、雄雌ともに胸が灰色で頬が赤褐色をしている。

積雪の少ない、温暖な地方の留鳥である。

  • 小綬鶏の妻恋ひ節のちよつと来い 沢木欣一
  • 小綬鶏の森へ海より日が差して 佐藤鬼房
  • 小綬鶏が啼く竹林の夜明けかな 青柳志解樹

雲雀(ひばり)

三春
春のヒバリ
ヒバリ科の小鳥。
春に空高く舞い上がり、賑やかにさえずった後、一直線に降下する様子が見られる。

草原や畑地、麦畑などの地上に巣を作り、雛を育てる。

うらうらに 照れる春日に 雲雀あがり こころ悲しも 独りし思へば

大伴家持

揚雲雀(あげひばり)、落雲雀(おちひばり)、初雲雀(はつひばり)、朝雲雀(あさひばり)、夕雲雀(ゆうひばり)、舞雲雀(まいひばり)、諸雲雀(もろひばり)、友雲雀(ともひばり)、雲雀野(ひばりの)、雲雀籠(ひばりかご)、姫雛鳥(ひめひなどり)、告天子(こくてんし)、叫天子(きょうてんし)、天雀・天鷚(ひばり)
  • 雲雀より空にやすらふ峠かな 芭蕉
  • 永き日も囀(さへづり)たらぬひばり哉 芭蕉
  • 松風の空や雲雀の舞ひわかれ 丈草
  • うつくしや雲雀の鳴し迹(あと)の空 一茶

麦鶉(むぎうずら)

晩春
ウズラ
麦が伸びる晩春の頃、草原などで繁殖する時期のうずら。

繁殖期の雄はグアックルルと鳴き、雌が応えてヒヒと鳴く。
この「ひひ鳴き」をする雌を合生(あいう)という。

合生(あいう)、ひひ鳴き
  • 麦鶉露けき鳥は先づこれか 寥松
  • ひひ鳴やまだ穂に出でぬ麦鶉 巴静
  • われにある出家ごころや麦鶉 藤田あけ烏

鷽(うそ)

三春
ウソの雄
アトリ科の小鳥。
頭は黒く、体はふっくらした感じで、雄は頬が薔薇色をしている。

早春の山里などで、フィーと口笛のような澄んだ声で鳴く。
うそという名前は、口笛を吹くときの口の形をさす「うそぶき」という言葉からきている。

その色から、雄は照鷽(てりうそ)、晴鷽(はれうそ)とも呼ばれ、頬の色がなく全体に褐色の雌は雨鷽(あめうそ)、黒鷽(くろうそ)とも呼ばれる。

鷽鳥(うそどり)、琴弾鳥(ことひきどり)、鷽の琴、照鷽(てりうそ)、雨鷽(あめうそ)
  • 照雨や滝をめぐれば鷽の啼く 白雄
  • 照り鷽や藪坂みちの朝じめり 室積徂春
  • 声やはらぐ鷽の日あたる胸毛見て 加藤楸邨

河原鶸(かわらひわ)

三春
カワラヒワ
アトリ科の小鳥で、春によく伸びる声でさえずる。
スズメほどの大きさで、全体は褐色で翼と尾羽に黄紋があり、飛ぶ時によく目立つ。

大群で地上に降り、草の種などをついばむ。

二月ごろからキリキリ、チヨチヨチヨまたはピギーイと賑やかにさえずる。

小河原鶸(こかわらひわ)
  • 河原鶸機屋のひるのしづもりに 山谷春潮
  • 河原鶸風にながされ鳴きまどふ 上村占魚
  • 河原鶸真澄の天へ鳴き離(さか)る 沢島美世子

頬白(ほおじろ)

晩春
ホオジロ
茶褐色で雀ほどの大きさで、尾が長めのホオジロ科の小鳥。
目をとおって後ろへのびる黒帯にかこまれた頬が白いため、その名がついた。

藪や地上で二足とびで小刻みに移動しながら草の種などを食べる。

二月ごろよりさえずりが始まり、ツッピチュウチチピッツーチリリなど。
「一筆啓上つかまつりそうろう」「源平つつじ白つつじ」と聞きなしされる。

画眉鳥(がびちょう)、深山頬白(みやまほおじろ)
  • 頬白に座を立つ刻をのばしけり 松崎鉄之介
  • 頬白の移りゆく枝みな芽吹く 中村四峰

山椒喰(さんしょうくい)

晩春
雀よりやや大きく20cmほどの大きさで、南から渡ってくるサンショウクイ科の鳥。
尾が長くほっそりした体をしている。

ヒリヒリッ、ヒリヒリッという鳴き声から、(山椒は小粒でもぴりりと辛いということから)その名がついた。
繰り返しさえずりながら飛ぶ姿が見られる。

  • 山椒食櫟(くぬぎ)は花を垂れそめし 山谷春潮

春の鵙(はるのもず)

三春
春のモズ
秋には激しい鳴き声で縄張り争いをしていた鵙も、春には繁殖期に入り、嘴が黒褐色に変化した雌雄が優しい声で鳴き交わす声が聞こえる。

この時、いろんな鳥の鳴き声をまねてさえずるため、百舌という漢字が当てられた。

営巣し雛をかえし、虫をとらえては雛に与えるようになる。

  • 子を呼びて尾をひろげたる春の鵙 飯田蛇笏
  • 眦(まなじり)に金ひとすぢや春の鵙 橋本鶏二

燕(つばめ)

仲春
電線に止まるツバメ
春に日本に飛来して軒や梁などに巣を作り、子育てをする。
手頃な軒下を見つけると、泥を運んで来ては巣を作り、雛がかえってからは地上低く飛びながら虫を捉える姿が見られる。

燕尾状に二つに分かれた長い尾が特徴で、黒いつややかな羽をしている。

子育てを終え、秋には暖かい南方へ渡ってゆく。
中国では、燕は春の社日のころ来て秋の社日のころかえるので、社燕と言っている。

社燕(しゃえん)、つばくろ、つばくら、つばくらめ、乙鳥(つばめ)、玄鳥(つばめ)、燕来る、初燕、朝燕(あさつばめ)、夕燕(ゆうつばめ)、川燕(かわつばめ)、里燕(さとつばめ)、群燕(むれつばめ)、諸燕(もろつばめ)、濡燕(ぬれつばめ)
  • 海づらの虹をけしたる燕かな 其角
  • 蔵並ぶ裏は燕の通ひ道 凡兆
  • 燕や酢の看板を抜けて行く 也有
  • 夕燕我には翌(あす)のあてはなき 一茶
  • 今来たと顔を並べるつばめかな 一茶

岩燕(いわつばめ)

晩春
イワツバメ
燕よりも少し小型のツバメ科の鳥で、尾は短く、浅いV字型をしている。

腹と腰が白く、他は光沢のある青黒い色をしている。
足にも白い羽毛が生えている。

夏鳥として飛来し、山や海の断崖など垂直な岩場に巣を作る。

だけつばめ
  • 岩燕霧の温泉壺(ゆつぼ)を摶(う)ちて去る 石橋辰之助
  • 岩燕泥濘(でいねい)たぎち火口なり 橋本多佳子
スポンサーリンク