4月(卯月、卯の花月)の時候の挨拶・文例集

桜と富士山
四月に手紙などの挨拶文に使える、時候の挨拶の文例をまとめました。

本格的に暖かくなり春本番を迎え、新生活のスタートとなる四月。
花もたくさん咲き出し、全国各地で桜が見頃を迎えます。

新緑も目に鮮やかになり春の喜びに包まれます。
また春の気候は変わりやすく、突然春の嵐にみまわれることもあります。

今回は四月頃に使える挨拶の言葉を集めました。

大切な人へ安否を尋ねる便りを出す時など、手紙や改まったメールを書く時にぜひご参考になさってください。

その日の気候や気分にあった言葉を選んで、適宜アレンジしたりして手紙に彩りを添えてみてくださいね。

こちらは手紙に使える時候の挨拶の文例集になります。
俳句を詠む際には、晩春、四月の時候の季語をご覧ください。
スポンサーリンク

四月の時候の挨拶

シンプルに

手紙とペン

  • 仲春の候(折・みぎり)
  • 陽春の候(折・みぎり)
  • 春暖の候(折・みぎり)
  • 春色の候(折・みぎり)
  • 桜花の候(折・みぎり)

春のうららかな気候

メジロと桜

  • 春たけなわの折から
  • 春たけなわの好季節
  • うららかな春の日ざしをあびて
  • うららかな春の日和となり
  • 春も真っ盛り、うららかな日が続いております
  • 野には陽炎(かげろう)が燃え
  • 野に陽炎が立つ頃

春の花

菜の花と光

  • 花便りの季節となり
  • 花の便りが各地から聞かれる頃となりました
  • 花の噂に心浮き立つこのごろ
  • 木蓮の花が匂う季節となり
  • 菜の花の黄色が目にまぶしく
スポンサーリンク

桜に関して

桜と青空

  • 桜の花もほころびはじめ
  • 明日あたり桜の花も満開とか
  • 桜花爛漫の季節
  • 突然の春嵐で散った桜の花が惜しまれます
  • いつの間にか葉桜の季節となり

桜の時期の気候

桜に雨

  • 花曇りのこのごろ
  • 花冷えのころ
  • 花冷えで肌寒い日が続き
  • 花冷えの日が続いておりますが

新緑の美しさ

若葉と光

  • 木の芽も急にのびて
  • 緑の色も日増しに濃くなり
  • 若葉の緑に目もさめるような
スポンサーリンク

春ならではの光景

春のミソサザイ

  • 野山は春霞にかすんで
  • 軽やかな鳥の歌声が聞こえ
  • 吹く風が肌に快く感じられ
  • もの思いにふける春の宵
  • 月夜のそぞろ歩きが心地よい季節

春の雨や嵐

吹雪に耐えるスズメ

  • 春雨にけむる山里
  • 菜種梅雨でぐずついた天気が続き
  • 昨晩は春雷に驚かされました

結び

  • 花冷えの季節です、どうぞご自愛ください
  • 春爛漫の折、近いうちにお会いしましょう
  • 新しい生活はいかがでしょうか。また近況をお知らせください。

手紙の構成について

手紙文の構成についてはこちらの記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました