夏の新緑、若葉に関する季語

初夏、木々の緑は初々しく鮮やかな緑色をしています。
若葉から青葉へ、そして濃い緑色へと変化していきます。

樹種によって微妙に色味が異なり、さまざまな緑のハーモニーで山は彩られます。
木々は強い日差しを遮り、涼しい木陰も提供してくれます。

今回は夏の新緑、若葉に関する季語を集めました。
緑の美しい夏、ぜひこれらの季語で俳句を詠んでみてくださいね。

スポンサーリンク

植物

葉桜(はざくら)

初夏
葉桜
桜の花が散った後、芽吹いた若葉の緑も日に日に濃くなってくる。
新緑の生き生きとした美しさが愛でられるようになり、夏の季語となった。

  • 葉桜に心ゆかしや鞍あぶみ 鬼貫
  • 葉ざくらや南良(なら)に二日の泊まり客 蕪村
  • 葉桜のひと木淋しや堂の前 太祇
  • はざくらや青き巌に青き影 麦水
  • 葉桜の中の無数の空さわぐ 篠原梵

夏木立(なつこだち)

三夏
夏木立
夏になり青葉の茂る木々が群がって生い立ったもの。
一本の木は「夏木」という。

夏木(なつき)
  • 先ずたのむ椎の木もあり夏木立 芭蕉
  • 鳩の声肩にとどくや夏木立 麦水
  • 又雨の太き糸見え夏木立 星野立子
  • 信濃路は夏木にまじる蔵白く 角川源義
  • 葬(とむらひ)の四五人容(い)るる夏木立 岸田稚魚

新樹(しんじゅ)

初夏
新樹
初夏の、緑の若葉がみずみずしい立木のこと。

  • 夏山は目の薬なるしんじゆかな 季吟
  • 空暗くなり来新樹に風騒ぎ 高浜虚子
  • 隙々(ひまひま)を白雲わたる新樹かな 西山泊雲
  • 夜の雲に噴煙うつる新樹かな 水原秋櫻子
  • 滝浴のまとふものなし夜の新樹 山口誓子
  • 新樹かげ朴の広葉は叩き合ふ 前田普羅

若葉(わかば)

初夏
若葉と光
初夏の若葉はみずみずしく、木の種類によって緑の色合いも少しずつ異なる。
場所や状況、樹種によってさまざまな傍題がある。

  • 谷若葉(たにわかば)、里若葉(さとわかば)、山若葉(やまわかば)、庭若葉(にわわかば)、森若葉(もりわかば)、寺若葉(てらわかば)、窓若葉(まどわかば)、水若葉(みずわかば…水辺の若葉)
  • 若葉時(わかばどき)、若葉風(わかばかぜ)、若葉雨(わかばあめ)、うら若葉・むら若葉(若葉の色彩の濃淡を示す言葉)、八重若葉(やえわかば)
  • 柿若葉(かきわかば)、椎若葉(しいわかば)、樫若葉(かしわかば)、樟若葉・楠若葉(くすわかば)、梅若葉(うめわかば)、榎若葉(えのきわかば)、柏若葉(かしわわかば)、櫨若葉(はじわかば)、藤若葉(ふじわかば)、桜若葉(さくらわかば)
  • 吹入るる窓の若葉や手習ひ子 惟然
  • ざぶざぶと白壁洗ふ若葉かな 一茶
  • 大空も見えず若葉の奥深し 北枝
  • 薄茶のむ菓子の白さよ若葉寺 寒川鼠骨
  • たるみなく水のはしるや若葉影 大原其戒
  • 若葉雨なにかやさしくものを言ふ 西島麦南

青葉(あおば)

三夏
青葉
若葉が生い茂って緑が濃くなり、青々とした状態。
木によって濃淡さまざまな緑色がまじっているさまを「青葉若葉」という。

青葉若葉(あおばわかば)、青葉山(あおばやま)
  • あらたふと青葉若葉の日の光 芭蕉
  • 蝶ひくし青葉ぐもりといふ曇り 久保田万太郎
  • 目つむるや青葉雫す幽明に 林原耒井
  • この墓に青葉もる日のやはらかく 池内友次郎
  • 青葉若葉谺の中の滝ひとつ 田中冬子

新緑(しんりょく)

初夏
新緑と光
初夏の、目の覚めるような鮮やかな若葉の緑色。
明るい初夏の光の中、さわやかな緑色である。

緑、緑さす
  • 新緑の風にゆらるるおもひにて 飯田蛇笏
  • 新緑やまた水楢に歩をとゞめ 佐野青陽人
  • 新緑の谿に何の葉朱点うつ 篠田悌二郎
  • 新緑の山径をゆく死の報せ 飯田龍太
  • 風入れてたたむ喪服に緑さす 古賀まり子

茂(しげり)

三夏
木々の茂り
夏に木々の枝葉が密生して重なり合い、鬱蒼と生い出でたさま。

繁茂(はんも)、繁り(しげり)、茂る(しげる)、茂し(しげし)、茂み(しげみ)、茂山(しげやま)、茂野(しげの)、茂り葉(しげりば)、茂林(もりん)、草茂る(くさしげる)
  • 光り合ふ二つの山の茂りかな 去来
  • みどり深く夕雨めぐる嵐山 暁台
  • 灯ともせば雨音わたる茂りかな 角川源義

万緑(ばんりょく)

三夏
緑の山
夏の盛りの、見渡す限りの草木の緑。
新緑も深緑も含めてことごとく緑色の意味。

  • 万緑の万物の中大仏 高浜虚子
  • 万緑になじむ風鈴夜も昼も 飯田蛇笏
  • 万緑の中や吾子の歯生え初むる 中村草田男
  • 万緑の奥のつめたき水の音 辻蕗村

木下闇(このしたやみ)

三夏
木下闇
夏木立が鬱蒼と生い茂り、昼なお暗いさま。

木下闇(こしたやみ)、下闇(したやみ)、青葉闇(あおばやみ)、木の晩(このくれ)、木暮(こぐれ)、木の暗隠り(このくれがくり)、木の暗茂(このくれしげ)、木暮る(こぐる)、木暗し(こぐらし)
  • 須磨寺や吹かぬ笛聞く木下闇 芭蕉
  • 線香の折るる音あり木下やみ 蝶夢
  • 木の闇を音なくて出づ揚羽蝶 山口誓子

緑陰(りょくいん)

三夏
緑陰
明るい夏の日差しの中の、青葉が生い茂った木立の陰のこと。

  • 笠で貌ぱつぱとあふぐ木陰かな 一茶
  • 緑陰に三人の老婆わらへりき 西東三鬼
  • 緑陰に読みて天金をこぼしける 山口誓子
  • 老木の緑陰のいとこまやかに 富安風生

結葉(むすびば)

三夏
結葉
夏に木々の枝葉が茂り若葉が重なり合って、結ばれたような形に見えること。

  • 結び葉のその放埓も過ぎにけり 相生垣瓜人
  • 結葉に後庭山の流れひく 岡本圭岳

柿若葉(かきわかば)

初夏
柿若葉

椎若葉(しいわかば)

初夏

スダジイ

スダジイ

樫若葉(かしわかば)

初夏
樫の木

樟若葉(くすわかば)

初夏
クスノキ

若楓(わかかえで)

初夏
青紅葉
楓の若葉は鮮やかな緑色が美しく、紅葉の時とは違った趣がある。
「若葉」の一つだが、古くから特別に賞美されていたので若楓という。

楓若葉(かえでわかば)、青楓(あおかえで)
  • 雨重き葉の重なりや若かへで 太祇
  • 四阿に日の影動く若楓 正岡子規
  • 朝のそら青さをふかめ草楓 瀧春一
  • 若楓京に在ること二日かな 川崎展宏
  • 父母へこころ置く日の若楓 倉垣和子

葉柳(はやなぎ)

初夏
柳と川
「柳」は春の季語であるが、夏の緑濃くなった柳を葉柳という。
水辺に枝を垂れた柳が風になびく様子は涼しげである。

夏柳(なつやなぎ)、柳茂る(やなぎしげる)
  • 葉柳の寺町過ぐる雨夜かな 白雄
  • 夏柳岸の鮨屋も蔵造り 酒詰万千雄
  • かかり舟雨水溜めし夏柳 勝又一透

土用芽(どようめ)

晩夏

ケヤキの土用芽

ケヤキの土用芽

木々が芽吹くのは春だが、土用(立秋の前18日間)の頃に出てくる新芽を土用芽という。

春に出た若葉の次に、二次的に枝を伸ばした先に新芽を出す場合もあれば、冷害や雹などの害、虫害などにより一度葉がなくなったあとでもう一度芽吹く場合、また春に植え替えなどで根付きが遅かった場合など。

真夏に春のような初々しい新芽はめずらしく、目を引くものである。

土用の芽(どようのめ)
  • 土用芽の星のごとくにつらなれる 山口青邨
  • 土用芽やたしかに生きる樹を廻る 阿部みどり女
  • 色浅き土用芽風になぶらるる 品田てい

病葉(わくらば)

晩夏
病葉
病気になり変色したり朽ちたりしてしまった木の葉。

  • 病葉や大地に何の病ある 高浜虚子
  • わくら葉を指にひろへり長やまひ 日野草城
  • 地におちてひびきいちどのわくらばよ 秋元不死男
  • 病葉の水になじまぬまゝ流れ 上野章子

常盤木落葉(ときわぎおちば)

初夏

松落葉

松落葉

常緑樹は新葉が茂ってくる初夏になると、去年の古葉を落としてゆく。

杉落葉(すぎおちば)、松落葉(まつおちば)、松葉散る(まつばちる)、散松葉(ちりまつば)、椎落葉(しいおちば)、樫落葉(かしおちば)、樟落葉(くすおちば)、樅落葉(もみおちば)、檜落葉(ひのきおちば)、柊落葉(ひいらぎおちば)、冬青落葉(もちおちば)、木檞落葉(もっこくおちば)、黄楊落葉(つげおちば)
  • 山蛙(やまかはづ)常盤木落葉時しらず 臼田亜浪
  • くわんぬきをさせば月夜や松落葉 渡辺水巴
  • しづかなる音のただ降る椎落葉 長谷川素逝
  • 梢より谿流の音杉落葉 青柳志解樹

竹落葉(たけおちば)

初夏
竹落葉
竹、笹は初夏に新葉が出ると古い葉を落とす。

草木の春秋とは反対で、竹の春は秋、竹の秋は春である。
「竹秋(ちくしゅう、春の季語)」は陰暦三月の異称となっている。

初夏には筍が若竹に成長し、古い竹は落葉する。

秋には若竹がさらに成長して春のような鮮やかな色になる。
「竹春(ちくしゅん、秋の季語)」は陰暦八月の異称である。

竹の葉散る(たけのはちる)、笹散る(ささちる)
  • 落る葉やあやに月洩る竹の嵯峨 都貢
  • 竹の葉の降りつもりけり小柴垣 蝶夢
  • 木菟(づく)鳴くや竹の落葉に竹の雨 水原秋桜子
  • 祇王寺やかさりこそりと竹落葉 中山碧城

竹の若葉(たけのわかば)、竹の若緑(たけのわかみどり)

晩夏
竹の若葉
夏の季語「若竹(わかたけ)」の傍題。
筍は皮を脱ぎながら成長し、夏になりすっかり竹らしい姿になる。

風にそよぐやわらかい緑の若葉は風情がある。

同じく「若竹」の傍題
今年竹(ことしだけ)
  • 白沙やしよろりとはえし今年竹 浪化
  • 若竹や日はまだ八つの通り雨 几董
  • 若竹や豆腐一丁米二合 正岡子規

芭蕉の巻葉(ばしょうのまきば)

初夏
夏の季語「玉巻く芭蕉(たままくばしょう)」の傍題。
芭蕉は初夏に堅く巻いたまま新芽が出て、やがて伸びてほぐれてゆき大きな若葉となる。

同じく「玉巻く芭蕉」の傍題
玉解く芭蕉(たまとくばしょう…ほぐれて大きな若葉となった状態)
  • 唐寺の玉巻芭蕉肥りけり 芥川龍之介
  • ことごとく風に玉とく芭蕉林 高野素十

芭蕉若葉(ばしょうわかば)

仲夏
芭蕉
夏の季語「青芭蕉(あおばしょう)」の傍題。
玉を解いてひらいた大きな葉は、長さ2メートルほどもあり、青々と美しい。

同じく「青芭蕉」の傍題
夏芭蕉(なつばしょう)

蕗の広葉(ふきのひろば)

初夏
蕗の葉
夏の季語「蕗(ふき)」の傍題。
初夏の頃には、蕗は傘のような円形の葉を広げて成長する。

葉柄は皮を剥いで伽羅蕗(きゃらぶき)や煮物とする。

同じく「蕗」の傍題
蕗刈り(ふきかり)、秋田蕗(あきたふき)、蕗の雨(ふきのあめ)、欵冬(かんどう)
  • 山陰や葉広き蕗に雨の音 闌更
  • 山水に夏めく蕗の広葉かげ 飯田蛇笏

紫蘇の葉(しそのは)

晩夏
大葉
夏の季語「紫蘇」の傍題。
紫色の赤紫蘇はゆかりやジュース、梅漬けに用いられ、緑色の青紫蘇(大葉)は薬味、天ぷら、刺身のつまなどに用いられる。

  • 紫蘇ひとり梅にも通ふ匂かな 鷺水
  • 雑草に交らじと紫蘇匂ひ立つ 篠田悌二郎
  • 紫蘇濃き一途に母を恋ふ日かな 石田波郷
  • 紫蘇もんでゐる老人の地獄耳 飯田龍太

蓮の浮葉(はすのうきは)

初夏

蓮の浮葉

浮葉(水面に浮いている葉)

初夏に蓮は若葉を出して、緑色の円形の葉を水面に貼り付けるように浮かべる。
それを浮葉といい、その形から銭葉とも呼ばれる。

蓮浮葉(はすうきは)、浮葉(うきは)、銭葉(ぜには)、巻葉(まきば)、蓮の葉(はすのは)、蓮の巻葉(はすのまきは)
  • 波なりにゆらるゝ蓮の浮葉かな 正岡子規
  • くつがへる蓮の葉水を打ちすくひ 松本たかし
  • やがて月出でてふたゝび蓮浮葉 田村木国
  • 堰守(せきもり)の篝火あかき浮葉かな 加藤楸邨

麻の葉(あさのは)

晩夏
麻の葉
夏の季語「麻」の傍題
麻は茎から繊維を取り、実を食用とするために栽培される。

同じく「麻」の傍題
大麻(おおあさ)、麻畑(あさばたけ)、麻の実(あさのみ)、麻の花(あさのはな)
  • ゆり出だす緑の波や麻の風 惟然
  • しのゝめや露の近江の麻畠 蕪村
  • 麻の葉のきりこみふかく涼徹す 大野林火

蔦青葉(つたあおば)

三夏
蔦青葉
夏の季語「青蔦(あおつた)」の傍題。
夏に蔦が青々と茂っていること。

同じく「青蔦」の傍題
蔦茂る(つたしげる)、蔦青し(つたあおし)、夏蔦(なつつた)
「蔦の葉」は秋の季語。紅葉した葉のこと

歯朶若葉(しだわかば)

初夏
シダ
夏の季語「青歯朶(あおしだ)」の傍題。

歯朶は初夏の頃に青々とした羽状の葉をひろげる。
庭園の下草や、観賞用にされる。

  • 晴れあがる雨あし見えて歯朶明り 室生犀星
  • 富士晴れに瑞の葉ささぐ孔雀歯朶 山口草堂

蓼の葉(たでのは)

イヌタデ
青々と茂る蓼の葉。

蒲の葉(がまのは)

蒲の葉
蒲は池、沼などに生息する大型の多年草で、1〜2メートルの茎が直立し、葉は細長い。

スポンサーリンク