夕焼(ゆうやけ)の季語一覧

龍の松と夕陽

龍の松(気仙沼市)

単に「夕焼」といえば夏の季語となりますが、それぞれの季節の夕焼けは何というのでしょうか。
今回は夕焼けに関する季語をまとめてみました。
俳句を詠む際にぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

春の夕焼け(はるのゆうやけ)

三春

夕焼けの街並み

朧な西日の夕焼け

春夕焼(はるゆうやけ、はるゆやけ)、春茜(はるあかね)

春夕焼へ遠き鶴嘴(はし)そろひ落つ 加藤楸邨
誰恋ふとなく庭にあり春夕焼 勝又一透
春夕焼千羽のひなの荷をひらく 児玉仁良

梅雨夕焼(つゆゆやけ)

仲夏
夕日と雨傘

夕焼(ゆうやけ)

晩夏

海岸の夕焼け

真っ赤に染まる壮大な夕焼け

ゆやけ、夕焼雲(ゆうやけぐも)

夕焼や生きてある身のさびしさを 鈴木花蓑
夕焼は膳のものをも染めにけり 富安風生
夕焼に外燈かぎりなく古ぶ 野沢節子

スポンサーリンク

秋の夕焼け(あきのゆうやけ)

三秋

夕焼け空にカラス

鮮やかに澄み渡る夕焼け

秋夕焼(あきゆうやけ、あきゆやけ)

鷺たかし秋夕焼に透きとほり 軽部烏頭子
秋夕焼わが溜息に褪せゆけり 相馬遷子
秋夕焼映る路傍の水またぐ 猿山木魂

冬夕焼(ふゆゆうやけ)

三冬

冬の川辺の夕焼け

黄金色に染まる束の間の夕焼け

冬茜(ふゆあかね)

寒夕焼(かんゆうやけ)、寒茜(かんあかね)…寒の内(小寒、大寒の期間)一ヶ月間の、一番寒い時期の夕焼。

冬夕焼空に森あり牧場あり 石田あき子
寒夕焼暮れゆく富士を引きとめて 八木沢高原
寒夕焼運河をそめて昏らかりき 塚原麦生
寒夕焼釘ひとしきり打ちて止む 不破博

タイトルとURLをコピーしました