夏の月、星の季語

夏の星空
暑い一日を終え、涼しい夜風にほっと一息ついたら、夜空を見上げてみませんか。
秋冬春とは違った、夏ならではの味わいの月や星々が輝いています。

夕立後の空気の中、雨雲の切れ間からのぞく月や星。
晴れたら明るい星がたくさん見えてきます。東の空には夏の大三角形白鳥座のデネブ、わし座のアルタイル、こと座のベガ。
そして南の空には赤く光るさそり座のアンタレス。

今回は夏の月と星の季語をまとめました。
俳句を詠む際にぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

天文

夏の月(なつのつき)

三夏
海面を照らす月
枕草子にも「夏は夜。月のころはさらなり。」とあるように、古来より夏の月は和歌にもしばしば詠まれてきた。

夏の夜は短く、明けやすいので、夏の月には儚い雰囲気が漂う。

夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月やどるらむ

清原深養父 古今集166

夏の夜の月の光が、地面を照らして白く霜が降りたように見えるのを「夏の霜」という。

白居易の詩に「月照平沙夏夜霜」(月は平沙を照らす夏の夜の霜)とあり、和歌にも多く詠まれている。

月涼し(つきすずし)、夏の霜(なつのしも)
  • 蛸壺やはかなき夢を夏の月 芭蕉
  • おき上る草木の影や夏の月 蝶夢
  • 町中を走る流れよ夏の月 白雄
  • 網もるゝ魚の光や夏の月 闌更
  • 夏の月蚕は繭にかくれけり 渡辺水巴
  • なほ北に行く汽車とまり夏の月 中村汀女

梅雨の月(つゆのつき)

仲夏
雲間の月
梅雨の時期に出る月。

雨が降っているか、厚い雨雲に覆われて全く月が見えない晩も多いが、その中でも雲を通してぼんやりと滲むように月明かりが見えたり、雨上がりに雲が切れて月が明るく見える時もある。

梅雨時の、雨気のこもった空の月である。

  • 樅の芽を花とは見せつ梅雨の月 水原秋桜子
  • わが庭に椎の闇あり梅雨の月 山口青邨
  • 梅雨の月障子あければなかりけり 岡田耿陽
  • 翡翠に梅雨月ひかりはじめけり 飯田龍太
  • 梅雨の月雲脱ぎ捨てゝなほ淡し 西谷しづ子
  • 乾坤の闇一痕の梅雨の月 福田蓼汀
  • 蜘蛛手綱梅雨満月を掬ひけり 山崎冨美子
月見ず月(つきみずづき)…夏の時候の季語「皐月(さつき)」の傍題。

夏の星(なつのほし)

三夏
夏の星座
夏の夜の星々。

日中の暑さから解放され、夏には星空を見る機会が増える。夏休みに帰省した田舎の星の多さに感動したり、各地で星空観測会も多く開催されたり、子どもたちと夏の星座を探したりすることもあるだろう。

星涼し(ほしすずし)…暑い一日の終わりに夜空を見上げると、夏の星々が輝き、涼しい夜風が吹いてくる。涼しさを際立たせるような星の光が印象的である。

へっつい星(へっついぼし)…かんむり座(北天の小さな星座、かまどの形に見立てた言い方。みなみのかんむり座とは違う)の別称。上図右上参照

さそり座
赤星(あかぼし)、豊年星(ほうねんぼし)…蠍座のアンタレス。仲夏を司る星といわれた。

鯛釣り星(たいつりぼし)…蠍座の別称

夏星(なつぼし)、星涼し(ほしすずし)、赤星(あかぼし)、豊年星(ほうねんぼし)、鯛釣り星(たいつりぼし)、へっつい星(へっついぼし)
「天の川」は秋の季語になっています。
  • 夜明前夏星のせて忘れ潮 秋元不死男
  • アラビアの空を我ゆく夏の星 星野立子
  • 星涼しアンデルセンの童話など 星野麦丘人
  • 夏の星汐騒の村寝落つなり 桜井菜緒
スポンサーリンク

梅雨の星(つゆのほし)

仲夏
雲間の星
梅雨の夜空の雲間から見える星。
雲間からもれるように星の光が見えることもあれば、晴れ上がった梅雨空に見えることもある。

雨雲にずっとおおわれている時期なので、星が見えた時の感慨も深まる。

うしかい座のアークトゥルス
傍題の麦星、麦熟れ星とは、うしかい座の一等星アークトゥルスのことで、「さみだれぼし」などの和名を持つ。オレンジ色に明るく輝く恒星。

(うしかい座は春の星座として知られ、うしかい座のアークトゥルス、おとめ座のスピカ、しし座のデネボラで、春の大三角を形成している。)

午後八時ごろでいうと、うしかい座は春は東の空低く現れるが、六月には東の空高く現れるようになり、21~22時で天頂付近に達する。

麦星(むぎぼし)、麦熟れ星(むぎうれぼし)
  • むささびや杉にともれる梅雨の星 水原秋櫻子
  • 梅雨の星闇へピンセットで飾る 若木一朗
  • ドラセナの葉の隙洩るる梅雨の星 小林謙光

旱星(ひでりぼし)

晩夏
夏の夜に、日照りを象徴するように赤く輝く星のこと。
火星や蠍座のアンタレスなど。

火星

火星

  • 旱星われを罵るすなはち妻 西東三鬼
  • ふるさとや豊年星の旱星 有働亨
  • 萱刈つて墓にこつんと旱星 平松良子
この記事を書いた人
こよみ

このサイトではテーマごとに季語を集め、画像とともに一目でわかりやすいようにまとめました。季語の持つ多彩な魅力をぜひお楽しみください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました