6月(水無月、五月雨月)の時候の挨拶・文例集

紫陽花
六月に手紙などの挨拶文に使える、時候の挨拶の文例をまとめました。

さわやかな新緑の季節に続いて、南の方から全国梅雨入りを迎え、雨の日が続きます。

紫陽花、菖蒲など梅雨の時期に美しい花も咲き出します。

今回は六月頃に使える挨拶の言葉を集めました。

大切な人へ安否を尋ねる便りを出す時など、手紙や改まったメールを書く時にぜひご参考になさってください。

その日の気候や気分にあった言葉を選んで、適宜アレンジして手紙に彩りを添えてみてくださいね。

スポンサーリンク

六月の時候の挨拶

シンプルに

青梅の実

  • 入梅の候(折・みぎり)
  • 梅雨の候(折・みぎり)
  • 梅雨寒の候(折・みぎり)
  • 小夏の候(折・みぎり)
  • 麦秋の候(折・みぎり)
  • 向暑の候(折・みぎり)
  • 短夜の候(折・みぎり)
  • 薄暑の候(折・みぎり)
  • 初夏の候(折・みぎり)
  • 首夏の候(折・みぎり)(首夏、しゅか…夏の初め、初夏)

新緑、初夏のさわやかさ

新緑と光

  • 風薫る初夏の候
  • 若葉青葉のさわやかな季節
  • 青葉の色が目にしみるようで
  • すがすがしい初夏の季節を迎えました
  • すがすがしい初夏の風
  • 青田をわたる風がさわやかです

衣替えの季節

セーラー服、夏服

  • 衣替えの季節を迎え
  • 衣替えとなり、学生たちの夏服姿がさわやかに映ります

梅雨の季節

青葉に雨

  • そろそろ梅雨入りも近いようです
  • うっとうしい梅雨に入り
  • 憂鬱な空模様が続き
  • 五月雨にけむる野山
  • 梅雨空がうっとうしい季節
  • 霖雨(りんう…何日も降りつづく雨、長雨のこと)が悩ましい季節
  • 青空が恋しい今日この頃
  • 長雨に気分も沈みがちで
  • 明けても暮れても雨
  • 梅雨明けが待たれる今日この頃
  • 梅雨寒のせいかセーターがほしくなるような陽気で
  • いよいよ梅雨明け宣言が出されました

梅雨の晴れ間には

日傘の女性、アジサイ

  • 久しぶりに梅雨の中休みのようで
  • 久々に今日はからりと晴れて
  • 五月晴れ(さつきばれ…梅雨の晴れ間のこと)の空の色も夏めいて
  • 今年はどうやら空梅雨のようですが
  • 梅雨空もからりと晴れ上がり
  • 梅雨間の陽光のまぶしさに
  • 梅雨の合間に真夏のような暑い日が続き

紫陽花、植物など

アジサイ

  • 雨にぬれる紫陽花に風情を覚え
  • 雨に濡れた紫陽花がうれしそうです
  • 夜来の雨に洗われて紫陽花の花の色が鮮やかになり
  • 雨の中、くちなしの甘い香りが漂ってきます
  • 連日の雨で木々の緑が濃くなり

夏の到来

ホタル

  • ほたるが出始め
  • プール開きの便りにいよいよ夏の到来を感じます
  • 夏至を過ぎたころから吹く風がすっかり夏らしくなり

結び例文

菖蒲

  • 天候不順の折、どうぞご自愛ください。
  • じめじめうっとうしい毎日ですが、お元気でお過ごしください。
  • 梅雨明けまでもう少しです、どうぞお体大切になさってください。

手紙の構成について

手紙文の構成についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク