春の月、星の季語

朧月
今回は春の月、星など、春の夜に関する季語を集めました。

春は大気が霞みがかっていることが多く、月の光もおぼろげになり、万物が幽玄の世界の趣を呈します。

春夜の風を頬に受け、土の匂いを感じ、五感の全てで春夜の風情を感じたら、これらの季語でぜひ一句詠んでみてください。

スポンサーリンク

天文

春の月

三春
春の月
秋の澄んだ月と違い、春の大気は水分が多く、また黄砂や花粉の影響もあり、どんよりとした空にやわらかい光の月が昇るようになる。

満月は冬よりも低い位置になり、光も橙色がかった暖かみのある色になる。

朧月(おぼろづき)ほど、ぼんやりとはしてはいないが、やさしく親しみを覚えるような月である。

春月(しゅんげつ)、春月夜(はるづきよ)、春満月(はるまんげつ)
  • 清水の上から出たり春の月 許六
  • 春の月桜一枝ひろひけり 蓼太
  • 春の月さはらば雫たりぬべし 一茶
  • いつ暮れて水田のうへの春の月 蒼虬
  • 春の月上りて暗き波間かな 後藤夜半
  • 春月の我が身に遠くありにけり 上林暁
  • いとしめば木も語りくる春の月 五所平之助

春三日月(はるみかづき)

三春
春の三日月
春の三日月は傾きが大きく、月は太陽から下側を照らされながら沈むので、舟のような形に見える。

(秋は西から太陽に照らされながら沈むので、三日月は立ったような形に見える。)

春の三日月(はるのみかづき)
  • 老人の小走り春の三日月へ 西東三鬼
  • 病者らに春の三日月遠き船 大井雅人

朧月(おぼろづき)

三春
朧月
朧(おぼろ)は、ぼんやりとしてはっきりしない、不明瞭な状態のこと。

春は大気中に水蒸気やチリ、ホコリが多くなり、空が霞んで、月も朦朧として柔らかく見える。

また、薄雲を通して暈がかかっている月が見えることもある。

月朧(つきおぼろ)、朧月夜(おぼろづきよ)、淡月(たんげつ)
  • 猫の恋やむ時閨の朧月 芭蕉
  • 大原や蝶の出て舞ふ朧月 丈草
  • 海に入りて生れかはらう朧月 高浜虚子
  • 猿を待つ猿のこしかけ朧月 生出鬼子

朧(おぼろ)

三春
朧
春の夜に、何もかもがぼんやりと霞んで見えること。

春の夜の情感ただよう言葉である。

朧夜(おぼろよ)、草朧(くさおぼろ)、谷朧(たにおぼろ)、燈朧(ひおぼろ)、鐘朧(かねおぼろ)、庭朧(にわおぼろ)、海朧(うみおぼろ)、岩朧(いわおぼろ)、家朧(いえおぼろ)、朧めく(おぼろめく)
  • 辛崎の松は花より朧にて 芭蕉
  • 藻がくれの海月に昼のおぼろかな 二柳
  • 白魚のどつと生るるおぼろ哉 一茶
  • とぎれては花片流れ川おぼろ 阿部みどり女

春の星(はるのほし)

三春
北斗七星
しし座
霞んだ春の夜空に、やわらかく光る春の星。

北には北斗七星、南にはしし座が見える。

北斗七星のひしゃくの柄のカーブを伸ばした先にある、うしかい座のアークトゥルス、おとめ座のスピカをつないだ線を春の大曲線という。

さらにその2つの星と、しし座のデネボラを結んだ三角形を、春の大三角といい、それぞれ春の星座を見分ける目印となっている。

春星(しゅんせい)、星朧(ほしおぼろ)
  • 乗鞍のかなた春星かぎりなし 前田普羅
  • 火の山の太き煙に春の星 高野素十
  • 綺羅星の中にわが星春の星 富安風生
  • ぐつたりと鯛焼ぬくし春の星 西東三鬼
  • 牧の牛濡れて春星満つるかな 加藤楸邨

春の闇(はるのやみ)

三春
春の闇
春の闇は、どこかほのかな明るさのある闇で、不安な感じや神秘的な感じを含んでいる。

春の夜の闇はあやなし梅の花 色こそ見えね香やは隠るる

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)古今和歌集

春闇(はるやみ)
  • 何か居り何も居らざり春の闇 富安風生
  • 春の闇幼きおそれふと復(かへ)る 中村草田男
  • 窓に灯のついて消えたり春の闇 渋沢渋亭
  • 二本目の燐寸(マッチ)を擦つて春の闇 吉田花泉
  • 千里より一里が遠き春の闇 飯田龍太
スポンサーリンク