草枯る

夕陽のエノコログサ
先日、カメラを持って、季節のものを探して近所を散歩してきました。

もうすっかり花々は少なくなり、公園の花壇もパンジーやビオラ、ノースポールばかりになっています。

道端のエノコログサが立ったまま枯れていて、すっかり薄茶色になっていました。

そこに夕陽が差して、一面のエノコログサが黄金に輝いていました。

枯れてもなお輝いて、生命の限り生き切った姿が印象的でした。

スポンサーリンク